• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23番札所

  1. 2006/10/29(日) 22:59:58|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
医王山薬王寺いおうざんやくおうじ

四国随一の厄除け寺。
33段女厄・42段男厄・61段還暦厄とあり各石段に1円・5円・10円中には100円玉も置いてある。
前を上る人も1円ずつ置いていた。
「拾うていく人はおらんのやろうか?」私。
「誰が厄を拾っていくか・・・」と主人。
食うに困ったらここにお参りに来て拾うていっても佛のお慈悲で許されるのでは・・
等と不埒な事を考えながらお金を踏まないように上る。

20061029171404.jpg


『厄除けの臼』があり年の数突いて厄を突き落とす。
お線香の煙にむせながら ぴーちゃんの事を念じつつ19突いた。

20061029173114.jpg


『厄除けの鐘』これも年の数突くと災難を突き放す。
順番を待っている周囲の人が声を揃えて数を数えてくれる。


 年の数 撞けば難をば防ぐとか

            七つでやめれば湧く笑い声
 


(70も撞く間お待たせするもの・・・)と1打10才って事で・・・
結構ながい時間撞いてる人もいた。

20061029175318.jpg


木陰で日和佐湾・日和佐城の景色を眺めていたら [柳川からのお参り]の方と再会。
「この先に“地獄”があるっちゃが・・行ってみんね」
といわれ恐いものみたさに
『瑜祇塔』へ向かう。
「お化け屋敷ではありませんね?」
確認してから靴を脱ぐ。
地下にはいると真の闇。

「どこっ?」「どっちっ?」

闇の中に自分の声が響く。
「壁を伝って歩け!」と主人。
私はなんの考えもなしに飛び込んだものだから何処に壁があるやら右も左も分からない。
闇雲に手を振り回し足でさぐるが空を切るばかり・・・

「声だしてぇ~ドコッ?よ~」

声の方角にそろそろ進む。
暗闇にぼう~と薄明かりが・・・
ダッシュで灯りに向かう。
途中で当たった物(主人)を突き飛ばして・・


 暗闇を手探りゆけば 一筋の

            光明ありておわす御仏
 


20061029182910.jpg


暗闇に浮かびあがった仏像。
『地獄に佛』とはこの事か・・・片手拝みで出口へと急ぐ。
出口に辿り着いた時には裸足で借りたスリッパはどっかほっくり投げていた。

20061029184243.jpg


陽光の中の観音様に改めて手を合わせ下山。
駐車場の横の建物に10人ほどの若い小坊主さんが暑いので作務衣の上着を脱ぎくつろいでいた。
高校の部室のような感じである。
聞いて見ると「団体さまの納経所です」

ここで『発心の道場』阿波の霊場は打ち止め。
いよいよこれから『修行の道場』土佐へ・・・

  1. 2006/10/30(月) 00:39:24 |
  2. URL |
  3. cg-off
  4. [ 編集 ]
始めまして
 どこかで、見たイラストが、こちらだったとは (^・^)
 心が、洗われます。  かなり荒んでいますから 私 (笑)
  別府湾から、上る朝日の、ようです。
   では また  年金まで、35,000時間のcg-offでした

cg-offさま

  1. 2006/10/30(月) 15:01:26 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
よう来たなえ・・・もしかして別府の方?
私 PCの事ほとんど わかりません。
すべて娘まかせですので・・・
よろしければ これからも遊びにきて下さいな。

  1. 2006/10/30(月) 22:27:21 |
  2. URL |
  3. cg-off
  4. [ 編集 ]
Bakoちゃん さっそく、遊びに来ました。
いえいえ、小倉です。
別府は、2年前に、ネット検索で、花菱ホテルへ、1泊
バイキングが、とにかく良かった 夜3時間も食べました、美味かったです
 朝は、部屋から、見た 日の出 最高でした。
去年は、別府を過ぎ、佐賀関より、三崎へ 伊予甘を、もらいに
1月なのに、なぜかその日は、ポカポカ天気で 別府パーキングからの絶景もgoot
今年もと、国東めぐりして、別府へ1泊 など 考えています。
  文殊仙寺、岩戸耶馬の紅葉は、有名ですね (*^_^*)
  では また遊びに、いくちゃ (小倉の方言です ちゃは、 ご存知でしょうが)

1突き10年とはBakoさんらしいですね

  1. 2006/10/30(月) 23:11:39 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
確かに行列ができてたらのんびりついていられませんね。
ほのぼのした雰囲気が伝わります。
発心の道場がすみましたか。そんな風に段階があるということも知りませんでした。
今後も無理せずに回ってくださいね。
私は先週は風邪でダウンしてました。ようやく治りかけてるところです。

  1. 2006/10/31(火) 02:57:59 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
cg-offさま
小倉でしたか・・・博多への通過地点ですよね?
別府は良い所ちゃ・・産まれも育ちも別府です。
国東は佛の里(古刹・仏像)見所はたくさんありますよ。
姫島の「狐踊り」是非いらして下さい。

Ivoryboatさま
これからが冬本番ですのにお風邪ひかれましたか?
風邪は万病の元とか・・・お若くていらしても充分お気を付け下さいね。
まだまだ 後55ヶ所霊場があります。
ゆっくり(きほうげ)に参ります。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。