• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18番札所~第19番札所

  1. 2006/09/15(金) 13:59:56|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
母養山恩山寺ぼようざんおんざんじ

寄り道をしたので1時間半 かけて市街地を抜け山道を登る。
弘法大師が母・玉依御前のために建立したお寺とか・・
(ここだけの話し・・お大師様はチョットマザコン?)
玉依御前の影が霊場を巡るそこここに感じられ 玉依御前も男装までして女人禁制のお山に会いに行く。

世のお子達よ!!
かのお大師様にして然り 恩ある母を敬い大事にしなくてはいけませんよ!


 紫陽花の 群れ咲く山の坂道で

          「お気をつけて」と幼子の言う 
 


20060915135855.jpg

我が愛車BAKO・MOVE
軽ではあるがなかなか侮れない 優れた力強い味方である。
真っ赤な車は3台目で お大師さま の色だ。

20060915135941.jpg

ずらり並んだお地蔵さま
「ひとつ頂いても良いかな?」
主人に睨まれた。

20060915141956.jpg

恩山寺に行く途中にある『特別天然記念物びらん樹』
別名『ばくちの木』とも・・・
(これは外せんやろ)と落ちていた樹皮をゲット!!


橋池山立江寺きょうちざんたつえじ

山道を下り立江川を渡る。
霊場八十八ヶ所中 ここは4ヶ所ある関所寺の一つ。
邪心を抱く者には天罰がくだるとか・・・
(あ~~大丈夫だった~~)
(おぉ~!お地蔵さま 頂いて来なくて良かった!!)


 作務衣脱ぎTシャツ姿の若き僧

           高校球児と同じ年頃 



白いTシャツ姿になり寺の外に駆けだした。
見ていたら自販機で缶ジュースを買い飲んでいた。
日射しのきつい暑い午後。

20060915150054.jpg

ー中村汀女の句碑ー
『浄瑠璃や 母のうすもの 着て泣けり』
句碑に撮影する私の影が映っている。

20060915145950.jpg

境内は広くしっとり落ち着いた佇まい。

  1. 2006/09/15(金) 15:49:46 |
  2. URL |
  3. himi@MD
  4. [ 編集 ]
母養山恩山寺=弘法大師が母・玉依御前のために建立したお寺とか・・

桜舞=恩ある母を敬い「眠らせてしまっとくにはもったいない!」と
himiが母・Bakoのために開設したブログとか・・・


赤い車が格好いいですね

  1. 2006/09/15(金) 17:40:37 |
  2. URL |
  3. 1voryboat
  4. [ 編集 ]
Bako Moveとは、なんてBakoさんに似合いの車でしょう。他の車と間違わなくていいですね。私は中村汀女さんの俳句が大好きなんですよ。こんな所に句碑があるなんて。
母は短歌の前には俳句を作っていました。私は俳句の方が好きなんですが、母には短歌の方が性に合ったみたいです。
紫陽花の短歌、微笑ましいです。お遍路さん同士?子供まで優しい心の交流があるんですね。
himiさま
なるほど、このブログはhimi様が建立された母敬山桜舞寺で、ご本尊は馬狐観音様ですね。(Bakoさんまた馬と狐を持ち出してごめんなさい。m(_ _)m・・・)

楽しい「素敵なプレゼント」有難う

  1. 2006/09/16(土) 00:48:02 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
himiちゃんのお陰でほんとに素晴らしいお友達が出来ました。
感謝してるよ。
1voryboatさま
うまいことおっしゃる(笑)
馬狐観音めざして修行いたしましょう。。
みなさんにたんとたんと お接待頂いてシ・ア・ワ・セ

若いお母さんがちいさな子供を遊ばせていました。
あの場所柄なので 私が思うに住職さんのお子達ではないでしょうか・・・
そうそうてのひらに蜥蜴をのせていましたっけ。
私も俳句詠みますけど いろいろ制約があって難しいです。
お母様と一緒 短歌のほうが性にあってるようです。

  1. 2006/09/18(月) 21:41:16 |
  2. URL |
  3. ふたばこ
  4. [ 編集 ]
バクチの木の皮をゲットされたのですね
あれにはもうひとつ解釈があって・・・・

ビランジュは年一回古い皮をむいてきれいな赤い木の肌を見せます
6月ごろと聞きましたが・・・・・定かではありません
その様子が“バクチで身ぐるみ剥がされる様”と似ているのでこの名前がついたのだとか・・・・

いらん、お世話でしたか・・・・

あらら??

  1. 2006/09/18(月) 22:26:50 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
そうでしたか?
道理で・・・負けてる(笑)
身ぐるみ剥がれたら・・・「脱いでも凄いんです」
って訳にもいきませんし・・
仏壇にでも封印しますか!

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。