• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘境・椎葉

  1. 2011/07/08(金) 00:10:48|
  2. ■思い出の糸をつむいで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
リンちゃんの、お山の学校訪問も三度目。
昔話をするのだが、「井戸」「蚊帳」知らない!わからない!
「おばあさんは、川で洗濯・・・」
「洗濯機は?」

先日行った時には、学校を出て車に乗るまでに、藪蚊に5・6ヶ所刺された。

この、お山の学校で思い出したのが・・・
もうかれこれ、30数年前、Miyaちゃんの弟が、校長先生になって、初めて赴任した椎葉の小学校。
椎葉は九州山地の山奥。
秘境である。
こんな事でもなければ、わざわざ行く所でもないので、良い機会だから、訪ねてみようと言うことになり、あね様とMiyaちゃんとチエ子さん(弟の嫁)四人で単身赴任先の椎葉にチエ子さんの運転で向かった。
高鍋を早朝に、出発したのだが、カーナビがあるわけでもなく、当然、携帯もない。
地図をたよりに、今ほど道路事情も良くない山道、行けども行けども、昼なお暗い山また山。
道を聞こうにも、人家もなければ、当然、人にも出会わない。
平家の落人集落とは、聞いてはいたが、こんな山奥まで、壇ノ浦から、よくぞ逃げたものだと、感心しながら、がたがた道を走りに走った。
ダムが出来るまでは、車も行けなかったとか―
集落の人家も、如何にも隠れ里らしく、山中に、一軒、二軒と鬱蒼と茂った樹々に囲まれて建っている。

途中、倒木が道をふさいでいて、バックを余儀なくされ、けもの道に毛の生えた程度の山道に迷い込んだりして
、クロスカントリーのカーレースもかくやのごとき、山道を辿り、やっとの思いで、村立椎葉小学校に着いたのは午後3時。
確かに、秘境!
ここを秘境と言わずして―と実感したのは、郵便局が無かったのだ。
私は、旅行に行く時は、郵便局のキャシュカードを何時も持参する。
今ほど、ATMも普及していない時代ではあったが、日本全国、どこにいっても郵便局はある―それが私の認識だった。
ところが、20キロ下った集落まで行かないと、郵便局は無いと言う。
所持金に不安があったのだが、あの山道を20キロ!
聞いただけで、諦めたが、その後、椎葉の話をするたびに、
「郵便局さえ無い所」と。

村の人々には、
「校長先生サマのお身内が来た」と大いに歓待を受けた。
確か、国の重要文化財だったと思うが
000008049.jpg

この『鶴富姫屋敷』で山菜の夕食をご馳走になった。
「山くじら」なるものも、頂いたが、後でイノシシと知った。
蒟蒻の刺身の美味しかったこと。

imagesCAO1TINO.jpg

次の日、周辺を案内してもらったが、我が国初のアーチ式ダム。
上椎葉ダム

siiba05.jpg

昼間に、もう一度、ゆっくり「鶴富姫屋敷」
平家の残党鶴富姫と、源氏の那須大八郎(那須の与一の弟)の悲恋に涙する前に、この、山奥まで逃げた方も逃げた方だが、それをまた追っかけて来た方も凄い―と再度、感心する。

♪稗つき節♪
庭の山しゅうの木 なる鈴かけて
鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれよ

鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ
駒(うま)に水くりょと 言うて出ましょ

おまえ平家の公達のながれ
おどま追討の那須の末

那須の大八 鶴富置いて
椎葉たつときゃ 目に涙

泣いて待つより 野に出て見やれ
野には野菊の 花盛り

DSCF123711.jpg

『八村杉』
那須大八郎、手植えの杉。
これで、後はなぁんにもない!
何か記念になる物を・・・川で小石をひろった私たち。
お土産代が・・・との心配は杞憂に終わった。
買うものがなんにも無かったのである。

産物といえば、村にただ一軒ある豆腐屋の豆腐だと言う。
豆腐では八幡浜に持って帰る訳にもいかず、この豆腐屋で売っていた、山牛蒡を蒟蒻で巻いた「鉄砲漬け」?を買う。
これは美味しかった。

その後、似たようなものを、見つけて買ってはみたが、椎葉のそれとは微妙に違っていた。

帰りには、このお豆腐屋さんがお豆腐をたくさん、お土産にくれて、高鍋に帰り、隣近所にくばったものだ。

こんな、懐かしいことを思い出さしてくれた「お山の学校」である。



お早うございます。

  1. 2011/07/08(金) 05:40:14 |
  2. URL |
  3. kain4
  4. [ 編集 ]
 地震で目が覚めて寝付けないままにブログめぐりです。 (KAOさんの情報ありがとうございました)
 椎葉村、名前だけは知っています。 何だかゆかしい響きで行ってみたいと思っていましたが・・・・。大変なことになりそうですね。

  1. 2011/07/08(金) 16:41:07 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 こんにちは・・・。

九州山地の山は奥深い・・おまけに険しい・・・。

よほど、源氏の追っ手が恐ろしかったのでしょうか・・・。

鹿児島にも平家の落人集落有りますが、これも山奥・・・しかしなかなかの文人が多い・・・。

  1. 2011/07/08(金) 19:04:33 |
  2. URL |
  3. green cafe
  4. [ 編集 ]
洗濯機は…に思わず苦笑ですが、
八村杉、見事ですね、他に…何もいらないほど。
その場所であるからこその味もあるんでしょうね。

…Bakoさん、ちょっと聞いてもいいですか?昨日から…コメント欄(打つとき)の字がものすごく小さいのですが…これはコチラのせいかしら!?今も目を細めて打ってます(苦笑)どうしたらいいのだろう…??投稿確認では、普通なんだけど…。

★コメント有難うございます

  1. 2011/07/08(金) 23:28:21 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  Kainさま
下書きにするの忘れていて、記事の途中で読んで下さったんですね!
書きかけで、外出していました。
うちは、トマト一個もなりませんでした。

こちらも、震度1が連日、おきています。
そのうち、大きなのがくるかも・・・


v-5  おひげさま
秘境中の秘境だと思いました。
昔だから、当然歩いて逃げたのでしょうが、あんな山奥まで・・・
ここにも、平家落人集落あります。
やはり山奥。
平家谷と言う地名で、平家姓が多いですね。


v-5  green cafeさま
テンプレの所為でしょうか!
私は、右下の拡大で125%で書いています。
諸々の設定は、娘がしてくれるので詳しい事はわからないの(ゴメンね!)

  1. 2011/07/09(土) 04:20:34 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 おはようgざいます。

震度1が毎日と聞いて、ちょっと心配になりました・・・用心してください・・・タナの上は大丈夫ですか・・・履物すぐはけますか・・・灯りは近くにありますか・・・。

  1. 2011/07/09(土) 07:30:11 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
おはようございます。
探検みたいですね。想像も出来ない山奥での生活。
でもほっとできる山里ですね。

那須大八郎、手植えの杉。
この巨大さには圧倒されました。もっと大きくなったら隣の社を押し上げるのでしょうか。

  1. 2011/07/09(土) 12:48:29 |
  2. URL |
  3. green cafe
  4. [ 編集 ]
お騒がせしました(苦笑)
こちらPCの表示が小さかったのですね(ははは)
…やはり父譲りのようです…(困った…)
どうか、備えだけは忘れずになさってくださいね。

  1. 2011/07/09(土) 17:51:56 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
行きました 一回だけ。 遠かったね ほんとに。
 ここまで おいかけさせる 頼朝の執念 為政者の力を 感じたものです。
 逃げ切れぬ落人の 情けなさを感じました。
 次の 大河ドラマは 清盛らしいですが おごれるものは久しからず・・・
 源氏も そうなりましたね。 
 

五家荘

  1. 2011/07/09(土) 22:58:02 |
  2. URL |
  3. きつつき
  4. [ 編集 ]
熊本の五家荘には行ったことがあります。
宮崎は行ったこと無いのですが、良いところですネ ^^
「ひえつき節」ここから来たんですね・・・

ぐりちゃんと同じく小~さくて見えないので、
Bakoさんみたいに125%にしてみたら見やすくなりました ^^v

★コメント有難うございます

  1. 2011/07/10(日) 02:16:04 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  おひげさま
お心遣い有難うございます。
幸い、棚はありません。
家具も娘がロースタイルの物ばかり選んでくれています。
唯一私より、高いのは本棚だけです。
あっ!灯の準備はしてない!
懐中デンキの、点検しておかなきゃ・・・
又、気付いた事があれば教えて下さいね。


v-5  阿修羅王さま
根回りは19メートル、あるそうです。
これは、最近の写真で私達の行った時には、こんな綺麗な朱色ではなく、風雨に曝されていかにも―って風情でした。
私たちは、下の方に車を置いて、山道を登りましたが、今では、道も出来て、近くまで車で行けるそうです。

v-5  green cafeさま
うちにはテレビ電話がないもので(笑)
良かったです!(ほっ!)
そこで調節して頂けば、150%でも200%でも、おおきくなりますよ。


v-5  小紋ちゃん
行かれましたか!椎葉村。
交通事情が良くなった現在でも、遠かったでしょう。
地図の読めない女どもの悪戦苦闘、ご想像下さいませ。
大八郎さんは、鶴富姫・義経さんは静御前・身ごもっているのに、捨てて行くんですね。

v-5  きつつきさま
あれから30数年ですから、今は何か有るかもしれませんが二度とは行こうとは思いません。
お米は採れず、稗ばかりだそうで―
こんな、民謡が残ってるんですね。

150%にすると、もっと見やすいかも―

赤ちゃん、すくすく育ってますか?
可愛い、可愛いでしょ!






   

テンプレート修正

  1. 2011/07/11(月) 08:00:41 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
green cafeさま

>コメント欄(打つとき)の字がものすごく小さいのですが…

ご指摘ありがとうございます。
Bako本人、表示を拡大してるので気付かなかったかな?
確かに入力時の文字が小さいですね!
元々のテンプレートの文字の種類(大きさ指定)が原因だったみたいです。
修正しましたが、どうでしょう?
ブラウザによって表示が変わるので、よろしければ、表示100%で確認いただけますか?

又気付いたことがございましたら教えてくださいね。

建物が良い(w

  1. 2011/07/14(木) 01:48:27 |
  2. URL |
  3. 時雨空
  4. [ 編集 ]
鶴富姫屋敷って綺麗な建物ですね。
こう言う古い日本家屋は好きです。

Mさん、バッチリです!!

  1. 2011/07/14(木) 14:39:11 |
  2. URL |
  3. greencafe
  4. [ 編集 ]
表示100%でコメント入れております(笑)
テンプレの仕業だったのですね、私も勉強になりました。
自分のところでコメント入れることってほとんどないですから、気がつかないのは有得るなぁ…とも。
今後テンプレ変えるときは私も注意したいと思います。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/07/18(月) 17:14:16 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

★コメント有難うございます

  1. 2011/07/25(月) 00:03:11 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  時雨ちゃん
お返事遅れてごめんね!
ちょっと夏バテ気味で・・・

時雨ちゃんは結構、充実した日々を過ごしているようで―題詠も置いてかれてしまいました。


v-5  green cafeさま
解決したようで、ようございました(笑)
私には、さっぱり、わからなくて―
それに、最近、PCも夏バテみたいで、不調!
触るの嫌になってた・・・


v-5  ☆―☆―☆さま
どうぞ!どうぞ!
んもう・・・心配したんだから・・・
これからも、ヨロシクです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。