• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教祖さまの孫!

  1. 2010/11/18(木) 23:58:19|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
10月から、「傾聴ボランティア」の講座を受けている。
研修の目的は―産業カウンセラーの傾聴のスキルを学んで、人の話の聴ける力をつける―
(産業カウンセラーなんて職業があることさえ知らなかった)
動機としては、取材に行った場合の、何かヒントになるか、思ったのと、お話をする側としては、昔から『話し上手は聞き上手』と言うから、そんな理由からだった。
訊く―聞く―聴く 耳に目と心をプラスしてく。
今まで、何気なく話していた、聞いていた→意識して聴く。
これが、なんとも面白い(面白いと言ってはいけないのだろうが)
楽しいと言いかえるべきなのだろうが、実際のところ面白いのだ。
「ロールプレイング」
初対面の相手を替えて、三人の人から話を聴いた。
先ず、何事も受容(うなずきかあいずちづちだけ)
「なぜ?」とか「それは違う」「私なら・・・」「どうして?」
絶対、言っちゃだめ!
ただ、聴くだけ!
その内の一人に、「私はある新興宗教の教祖の孫」と言う40代の人がいた。
(なんとなく雰囲気が(オーラ?)違う、気になる人だったのだ)
で、その話をするのだが、私の頭の中は
「カルマだ!マントラだ!」

「それって何よ?」
「どうして?」
「なぜ?・・・なぜ?・・・」
????の羅列で「ふぅん・・・そう」
等と口では言っているが、聞きたくてたまらない。

「お昼のランチ一緒にしましょう」
と連れ出して、話を聞いた。
先ず、私がシーフードピラフを頼むと、彼女も
「シーフードピラフのシーフード抜きで・・・ベジタリアンなんです」
お店の人が「?」困ってたので
「あのぅ私が食べますから、普通に作ってください」
「やっぱり殺生はいけないわね」
(いやぁそう言われても、私が別に、イカやエビ殺すわけじゃなし)
心の浄化は、まず、体の浄化からだと言う。
私の頭の中の?を一個ずつかたずける。
「その、御神体はなんなの?」
両手をひろげ、
「これくらいで・・・私もはっきり何かは知らない」
「ご主人もベジタリアンなの?」
自分の一番良い所、自慢できることは何ですか―と言う質問に彼女は
「結婚して20年間、三度三度の主人の食事を毎日手づくりで外食したことがありません。」
と答えていたので。
「いいえ、主人にはお肉もお魚も出すわ」
「じゃ二人が別々のもの食べるの?」
「結婚して以来、一緒にご飯食べたこと無いの」
「一緒に、外出したことも、私は外に出ないから八幡浜のことも分からない」
新町も知らなかったのだ!
すたれたとはいえ八幡浜の商店街だ。
洒落た服を着ていたので
「洋服とか買い物は?」
「通販でかたかな4文字の店・・・」と言った。
「毎日、何してるの?」
(見合い結婚で子供もいない)
「瞑想。分かりやすく言えば座禅のようなカルマをしてるの」
(そのカルマがわからない?)
菩提樹の実をお守りにもっていたので、
「マントラって仏教用語でしょ。仏教っぽいもの?」と聞くと
「全然違うわ!ヨガをやりながらサンスクリット語のごマントラをあげるの」
「どんな格好で?」
「それは秘法だから・・・」
で?・・・で?・・・いくつもの??出していたら
肝心なところは、みんな秘法でノーコメントだった。
「今までに4回インドのイベントにも参加してるし、ガンジス川での沐浴もするのよ」
「そんなに興味がおありなら、今度インドにご一緒しましょう」
松山かそこいらに行くように誘う。
食後のコーヒーも飲まない、と私にくれた。

それで、「なんで傾聴を・・・?」
「母が最近、認知症で会話がなりたたないのね。母の話が聞けたらと思って」
「お母さんって、幾つ?」
「昭和13年生まれ・・・」

げっ!私より若いじゃん!!

266.jpg








NoTitle

  1. 2010/11/19(金) 05:35:24 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 おはようございます。

飽くなき向上心・・・世界は広がり続けます・・・。

聞き上手なりたいものですが・・・・最近、喋りすぎ・・夢の中でも喋りすぎとカカに言われています・・・今度録音してくれるそうな・・・。笑)

★コメント有難うございます

  1. 2010/11/19(金) 23:00:56 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  おひげさま
ただ、もう好奇心の塊でして・・・
未知なるものには、すぐ食いつく習性がございます。
当地方では、男性のおしゃべりは“男チャバ”と言って、珍重されますで、ハイ!

いろんな世界

  1. 2010/11/20(土) 10:48:37 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
 いろんな人 いろんな世界 ありますね。
 聞く  よーく聞くと あの人は 話が上手といわれますよ。
 昨日は 考えられないような考えの人に 会いました。
 面白いような 怖いような。いろいろです。

NoTitle

  1. 2010/11/20(土) 20:53:59 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
職業柄人の話はしっかり聞いて、その人に必要なことを的確に応えられるようにはしていますが、
話、聞いてくれない人も多いですね。高齢者に多いです。
自分がしっかり説明できているかというとそれはわからへんけど、
それなりに言えているのかなと思うときがあります。
相談に来てよかったって、また立ちよってくれる人もあるから。

この人、絶対に変だと思います。
こう言う人、気持ち悪い。どんな人なのか聞きたい以前に背筋がぞっとする。
個人的な好みやけど。

私の好きな本で…

  1. 2010/11/21(日) 00:15:41 |
  2. URL |
  3. 時雨空
  4. [ 編集 ]
近藤勝重さんの『話術いらずのコミュニケーション』って本があって
随分とその本のおかげで助けられてる部分が今でもあったりで(w
やっぱりその本にも、話の面白い人より
聞く事の出来る人の方が人から愛される…みたいな事が
書いてありました。

★コメント有難うございます

  1. 2010/11/21(日) 16:58:02 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  小紋ちゃん
ホントに、自分の常識では、考えられないこと、人っているものですね。
面白いような、怖いような、話、大好きです。


v-5  阿修羅王さま
ひょっとして、あーちゃん、コンサルタントのようなお仕事してるのでしょうか?
そうです!えてして高齢者は人の話は聞きません。
自分のことばかり話します。
自分中心で世の中廻っていると思っていますから―
やっぱり、変ですよね。

v-5  時雨ちゃん
単純に聞くのと違い、聴く難しさを実感しています。
ちょっとしたヒントで、聴くことが出来るんですね。
多分、講座の終わる頃には、若干、聴き上手になれていると思います。

聴き上手

  1. 2010/11/21(日) 23:59:15 |
  2. URL |
  3. きつつき
  4. [ 編集 ]
最近・・・真剣に聞いているのに時々トンチンカンな自分が >_<;
人の話は心がけて真剣に聴いているつもりなんですけど、聞いていたのでしょうか・・・?
「修行が足りん!」って言われるかも・・・^^; 心で聴かないと! ですよね^^ヾ

★コメント有難うございます

  1. 2010/11/22(月) 23:34:03 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  きつつきさま
そうですよ~!
私も、今、耳に心と目をプラスして聴く、勉強をしています。
そうしたら、もっと、もっと、いろんなお話が聴けるでしょう。
楽しいお話がありましたら、また、お届けいたしましょう!

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。