• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古布のリメイク!

  1. 2010/10/25(月) 11:18:42|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
その日の取材は「和服リフォームの達人」と言う方だった。
例によって、私はぴーちゃんに介護(だけではない)同行要請。
ぴーちゃんが、その場にいてにこにこしているだけで、男女を問わず、実に和やかな雰囲気で取材が出来るのだ。
ぴーちゃんのほんわかオーラの笑顔が、初対面の取材者の緊張をほぐし自然な良い取材が出来る。
ちょっと聞きにくいことも、切り込みながら
「ね、ぴーちゃん?」
とぴーちゃんにふると、微笑みながら頷いたり、小首を傾けたりするとスムーズに話題が展開する。
私のとっておきの切り札だ。

その方は、「和服のリフォームではなく古布のリメイクです」と言われた。
ファッションにおいてはリフォームとは言わないらしい。
洋裁歴50年、古布(和服)リメイク歴10年のキャリアに、培われたセンス・スキルともに、目を見張るものがある。
2,3点、作品を見せて頂いたが、喪服だった黒縮緬をリメイクしたフォーマル・無双仕立てで、古布ゆえの傷を隠すために、施されたビーズで見事に今風によみ返り、上品な上にも華やかさを演出している。

005_20101025150139.jpg

これに、同じく黒縮緬のワイドパンツを合わせて、とても好評だったと―
その日、白いシャツの上に羽織っていたベストは

006_20101025153533.jpg

穴の空いていた所には、宛布をしリリアンを編んで陶製のビーズがぶら下がっている。
ほぼ、絹織物でとても軽く暖かいと。

008_20101025153550.jpg

前身頃の絣様の生地は、解いた着物の襟芯に使われていたものとか。

011_20101025154407.jpg

013_20101025154421.jpg

昔の家紋入り大風呂敷でリメイクしたジャケットは褪せた藍染が良い風合いを出して、背中の「抱き茗荷」が絶妙にマッチして、ハイセンスな出来栄え。

016_20101025154708.jpg


子供の頃から、大事にしている昔懐かしいミルク飲み人形は、黒紋付の縫箔裾模様、羽二重の長襦袢に白縮緬の下着までおめしで、「うそっこ和裁です」とおっしゃるが蛤褄のふきなど和裁の腕も相当なものとお見受けした。
きっかけは、日本舞踊を踊っていた際、着物の裾の痛みが激しいことからリメイクを手掛けるようになったそうだ。
『古布とくらし』と言うパターン付きの作品集の本も出されており、ご本人は「主婦です」と謙遜されるが、いやいやどうしてただ者ではない、間違いなく作家さんである。 
その他、陶芸・料理と幅広い趣味をもたれ、一番好きな言葉『ばぁばの青春』を謳歌されている。

結婚前の若い女性を集めて「総合学院」をつくるのが夢。
日常の料理・着物の知識(着付け)・子育て・子供服の作り方・つくろい等々
各分野毎にキャリアを持ったばぁば達の智恵をレクチャーする。
「良いな!良いな!そんな学院出来たら、私も講師に入れて・・・」と私。
「でもね、私達時代の常識、今の若い人たちに通用するかしら!」
と、ぴーちゃんを振り返った。
 
お住まいのあちらこちらに、趣味の良さを窺わせる古い桐箪笥でつくった柱飾りや、昔のお嫁入り道具だったと言う重箱をいれて運ぶ箱などがさりげなく置かれて古い物の良さを心地よくインテリアに取り入れてある。
楽しくていつまでもお話を伺っていたい魅力あふれる方でした。

★読者プレゼントに銘仙の古布リメイクのベストを頂きました。
ジーンズの上にでも羽織れるおしゃれなベストです。

「今日の取材も、高校生や若い僕らだけでは出来んかったな!」
帰りの車の中でカメラマンの兄ちゃんが言った。

NoTitle

  1. 2010/10/25(月) 17:54:45 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
する方もされる方も・・・味ですな・・味・・・。笑)

★コメント有難うございます

  1. 2010/10/25(月) 23:13:33 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  おひげさま
味・・・古漬沢庵の味ですかぁヾ(笑^▽^笑)ノ

NoTitle

  1. 2010/10/26(火) 14:46:50 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
こんな取材なら、私も一緒に行きたいなぁ(*^_^*)
正絹のネクタイでベストを作ったことがあるんやけど、やっぱり絹はいいですよね。

★コメント有難うございます

  1. 2010/10/26(火) 22:02:56 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  阿修羅王さま
多分、あーちゃんだったらもっと、いろんな切り口で写真撮るなぁ・・・私は腕ないし・・・写真下手だし・・・
個人的にもっと聞きたいことが、たくさんあって、又お訪ねする約束してきました。

おばあちゃんの役目…

  1. 2010/10/28(木) 07:39:05 |
  2. URL |
  3. 時雨空
  4. [ 編集 ]
おばあちゃんの知恵袋なんて言いますけど
脳科学的にも女性は次の世代に知識を受け渡す為に
長生きに作られているんです。
だからBako様も取材したリメイク作家さんも
そう言う目的意識を持っていれば長生き出来るのです(w

いいですね~♪

  1. 2010/10/28(木) 15:16:35 |
  2. URL |
  3. きつつき
  4. [ 編集 ]
Bakoさん こんにちは~
文面からも、楽しく充実した取材をされたBakoさんの様子が伝わってきました^^
Bakoさんが先生なら、ぜ~ったい!習いたいです色んなこと!!

趣味を兼ねて 環境を大切にする素適な人生をおくっていらっしゃるんですねi-228i-178 
「脱!無芸大食」のバーバラを目指します^^;

藍の色

  1. 2010/10/28(木) 18:52:39 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
 楽しく ためになる取材の日々
 長い年月の間に 落着いたいい色になった布たち。
 素敵な布で 素敵な リメイクの服が!
 着てみたいものばかりですね。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2010/10/28(木) 19:25:51 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

★コメント有難うございます

  1. 2010/10/28(木) 22:17:07 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  時雨ちゃん
さして長生きにはこだわらないけど、まだまだやり残してことが、現世にあります。
伊達に、年をかさねていませんね(バーバラたちは)
ほんと、いろんな生きていく上での智恵持ってます。
でも、確かに私たちの常識が今の世の中に通用するかどうかは疑問です。


v-5  きつつきさま
お体の調子は如何ですか?
教えるなんてことは、おこがましいのですけど、お近くなら、いろんなお話したいですね。
バーバラも捨てたもんじゃない!
素敵な、バーバラ生活もあると、あらためて元気と笑顔を頂いた、楽しい取材でした。
このような出会いがあるので、「八幡浜笑人」から手を引けません。
生きている限り、携わっていこうと思っています。



v-5  小紋ちゃん
ね!良いでしょう!
この方の取材しながら、小紋ちゃんのこと思い出していました。
絶対、小紋ちゃんも興味あるだろうなぁって。
どんなちぃさな、端切れでも大事にされる―
古布にもう一度、息吹を吹き込む。
小紋ちゃんと同じですね。


v-5  ☆―☆―☆さま
良かった!
今、第二弾、纏めています。
また、半年後くらいに・・・

管理人のみ閲覧できます

  1. 2010/11/02(火) 14:31:36 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。