• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫島のきつね踊り

  1. 2006/08/13(日) 22:51:46|
  2. ■アンビリバボーな面々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
数年前のお盆。
この子狐達に会いたくて私とMiyaちゃんは暴挙に出た。

kituneodori2.jpg


『朝夕めっきり涼しくなり密柑山に囲まれた ここ山里では秋の気配が日一日と濃くなって参りました。
先日は伊美より別府まで同乗さして頂き本当に有難うございました。
分別有るべき年代の私共が最初から あのような無謀な旅を計画した訳では有りません。

実は私、産まれも育ちも別府で中学の時の先生に姫島出身の方がおられ盆踊りの話しを聞き、以来ずっと心に残っていましたが機会もなく五十年の月日は流れてやっと今年実現したのですが・・・

初めのプランは十五日の予定でしたが お世話下さる方の手違いで伊美港まで行きましたのに乗車券が手に入らず姫島を目前に「じゃあ又、来年・・・」と別府に引き返す羽目になったのです。

私を除く人達は別府在住ですから「来年ね・・」で済みますがはるばる海を渡ってこの事だけに来た私は残念で夜も眠れず朝になるのを待ちかねて、泊まる所も帰途の便も無いのを承知の上で この機会を逃したら・・と云う思いで出発したのです。

路線のローカルバスを乗り継いで3時間余、伊美港に着いたのでした。
(バスの最終は六時との事でした)
最悪の場合(先日伊美神社を参拝しましたので)拝殿の軒下ででも夜を明かそうとそれなりの準備をして大きなバッグを持って野宿覚悟でした・・・が何が幸いするかわかりません。
この大きなバッグが大勢の人の中で目を引いて
「重装備ですがどちらから・・」と声をかけて下さったのが話しのきっかけとなり窮状を訴え助けて頂いたのですから・・
ちなみにこのバッグは旅好きの私に娘が今年の母の日に贈ってくれた物でした。

地獄に佛とはまさにこの事でした。
佛の里 国東は事実でした。
無宗教の私が思わず合掌しました。

安堵感と虚脱感から年甲斐もなく救世主のお名前すら伺わずにお別れしてしまいましたが、皆々様に呉々もよろしくお伝え下さいませ。
厭な事の多い昨今 我が故郷の人情を熱く語っております。
“そう言う事はめったにない事、良い方々に会えたのだ”と皆さんにいわれます・・・・・・・・』


ヒッチハイク!したのだ。
産まれて初めて・・
60代のお嬢さん(みのもんた風)二人で・・

(乗用車は定員いっぱいで来てる~×)
(男女二人連れ~×)
狙いは貸し切りバス。
50台近いバスが並んでいた。
(バスなら補助席がある)
しかしバスは九州各地から山口・広島からも来てる。
(大分方面・別大国道を走るバスなら別府は通過地点!)
大分訛りの団体探せ・・

でお決まりの「どこかでお見かけしたような?・・・」
~んな訳である。
後日バス会社に問い合わせて判明。

当時、大分のNHK「日曜日の美術館」で解説をしていた方だった。

で・・・上記の礼状をしたためた次第。

*姫島は国東半島から海上6キロ。
人口2,000人の島に5,000人からの観光客が訪れる。
詩情と伝説に彩られた島。
車海老が特産で美味しかった。
これも飛び込みでお店の私室で頂いた。


ki.jpg
まぁ子狐の可愛いこと。。可愛いこと

k.jpg

このちぃちゃな子狐は歩き疲れてか 鳴いて 泣いています


FC2ブログランキング

ポチッ!と一押し
こんどは狐だよぉ

タヌキの次は狐ですね

  1. 2006/08/14(月) 09:46:41 |
  2. URL |
  3. 1voryboat
  4. [ 編集 ]
 すごい決断力と行動力に脱帽です。
この狐祭は以前テレビで見たことがあります。姫島でしたか。かわいいですねぇ。
 私も昨日踊り見物に出かけましたよ。3年に1度の「世界バレエフェスティバル」です。今年で11回目ですが、ひいきのダンサーが来なくなったのでもうやめようと思っていたのに友人が無理してチケットを手に入れてくれました。
 行ってよかったです。若くていいダンサーがいたのと、最終日なので羽目を外した大騒ぎが見られました。男性が女装して踊ったり・・・。

私は本格的なバレエは

  1. 2006/08/14(月) 10:05:39 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
観賞した事ありません。
うちでバレーったら球技の方ですね(笑)
なんせ田舎ですので踊りも盆踊り(*^-^*)
芸術の香りはしませんねぇ。
みかんの花の香りは良いですよ☆

  1. 2006/08/14(月) 19:12:41 |
  2. URL |
  3. 1voryboat
  4. [ 編集 ]
 私の夏も盆踊り一色でしたよ。休みに入ると毎日練習して、縁日に大会がありました。町を踊りながら会場まで行くのが晴れがましかったです。
 東京に出て来てうれしかったのは、バレエや歌舞伎が気軽に見られることです。こちらに来て夢中になったことのひとつです。音楽の好きな方はコンサートに通うにもいいですよね。
 田舎のいいところと、都会のいいところを味わえてうれしいです。最近は母子でBakoさんの故郷の風をとても懐かしんでいます。

羨ましいですね

  1. 2006/08/14(月) 23:48:13 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
私 歌舞伎もほんもの見た事ありません。
都会の風送って・・いろいろ知識下さいね。
こちらからは田舎の懐かしい風おくります♪o(*^▽^*)o~♪


 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。