• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千の風に吹かれて―(2)

  1. 2009/11/28(土) 13:41:18|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
その夜の電話―
「もしもし テルヤ です・・・」
えぇ~また、出た?!か・・・
「じいちゃんが今日、亡くなりました。最後に会ってやって下さい」
と、お通夜・葬儀の日時を、沈んだ声で告げて電話は切れた。

テルヤのじいちゃん、私たちは「トシちゃん」と呼んでいた。
多分、今の時代「トシちゃん」と呼ぶのは私達以外には、おそらくいないだろう。
みんなは「先生」と呼ぶ。
トシちゃんは、10代の頃から 浜の町ばあちゃんを親代わりとして育ったらしい。
なにさま古い話なので、さだかではないが、ひょっとしたら浜の町ばあちゃんの遠縁だったのかも―
工場でいつも椅子を作っていて、幼い日のJIKOに木片で刀を作ってくれたり、遊び相手をしてくれたそうだ。
戦時中は軍隊にいき、戦後無事、帰還して教師を目指した。

私の知っているのは、この教師時代からのトシちゃんで復員服と呼ばれた軍服で、小脇にいつも風呂敷包みを持って「おかみさん」「おかみさん」とばあちゃんを慕ってよく訪ねて来ていた。
ばあちゃんも「トシよ」「トシよ」と可愛がり、なにかと相談にのり、身元保証人にもなっていたようだ。
その色あせた書類をトシちゃんは大事にしまっていて、後年見舞いに行った折にも出して見せた。

ばあちゃん亡き後、自転車に孫を乗せて、店にちょいちょい顔を出していたが、色の黒い目のくるくるした幼子が、のちのテルヤであろうことは知る由もない。

時は流れて―
私たちも、商店街をはなれ、その後トシちゃんと会うことも無かった。
時を同じくしてトシちゃんは体調を壊して入退院を繰り返していたようだ。
テルヤのお化けの相談にのったりしていたが、テルヤがトシちゃんの孫だとは知らなかった。

お正月恒例の高校のラグビーOB戦を応援に行った日。
車椅子にのって、「孫の応援に来た」と言うトシちゃんと再会。
その孫が、誰あろうテルヤだったのだ。

それからは、度々入院中のトシちゃんを見舞い、ばあちゃんの、テルヤの話に花が咲いた。
漢詩や短歌を詠み、因数分解を解きと、右半身不随になりながらも左手で器用に文字を書いて最後まで勉強していた。
最後に見舞った時には、多分私はわからなかったと思うがJIKOには、ばあちゃんのことを話していた。

お葬式 (32)

式場に行くなり案内されたのが一番前の貴賓席!
びびって後ろに行こうとするのに
「じいちゃんが喜ぶから―」
そう言われれば 「はい!」
教育長と並んで席へ・・・
東京から駆けつけた教え子の弔辞が、これまた、とても良かった。
「質実剛健・頑固一徹」の先生のエピソードの中に、椅子を寸分の違いもなく上手に作ったと言うくだりが有って、思わずJIKOと顔を見合わせた。
葬儀が済み、帰ろうとすると
「是非、じいちゃんが喜ぶから―」
と、精進落としの席まで用意してあって・・・
「浜の町の話はいつもしていました。どうぞ!どうぞ!」

じいちゃんっ子だったテルヤは、じいちゃんの最後を写真に残していた。
まるで何かの事件現場のようなモノクロ写真。
小声でテルヤに聞いて見た。
「どう?最近は出ない?」
「うん。出ない。仏さんはよく見るけど・・・」
「えぇ~~!仏さまぁ!(絶句)・・・良かったな?」
霊が見えたり、仏さまが見えたり―この子いったいどんな子!?
「いや・・・死体やけど」
「はぁ~~~」
(彼はこの4月から警察官になっていたのだ)

帰りには、又
「じいちゃんが喜ぶから―」
を連発されて抱えきれないほどの白菊を頂く。
お葬式 (40)

お葬式 (41)

帰宅後、娘にその様子を話すと
「Bakoの葬式の時も、みんなに良く言って貰えるよう頼むで!あいつの孫かって石投げられんようにしてよ」
「ちょっと待て!それよりヘッドホンして(罵声は聞かず)ヘッドギア付けて(投石に備えて)猛ダッシュ出来る力を孫につけておけ!」
「えっ~!そっちかい!!」


次の日、Miyaちゃんが来る予定になっていた。
例によって大きな荷物は、すでに届いている。
Miyaちゃんから電話があり、妹のだんなが危篤の知らせが入ったとのこと。
「急遽、宮崎向いて行かないけんようになった。着替えも全部送っとるけど・・・。
土産だけ出して食べてや」鶴の子
土産



宮崎から訃報が届いたのは二日後のことであった。
千の風になられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。


合掌。




 

こんにちは。

  1. 2009/11/29(日) 23:57:09 |
  2. URL |
  3. 君平
  4. [ 編集 ]
FC2は画像が1GBしかアップできませんが、
新しいところは3GBアップできるので3倍の
画像がアップできます。
画像が綺麗に見えるのはきっとデジカメが
違うからかなと思います。
新しいブログのほうもご贔屓して頂けたらと思います。

大変でしたね…。

  1. 2009/11/30(月) 00:13:03 |
  2. URL |
  3. 時雨空
  4. [ 編集 ]
最後まで先生らしく生きたおじいさんだったんですね。
そう言う姿を慕う人も多かったんでしょうね。
ご冥福をお祈りします。

  1. 2009/11/30(月) 17:31:43 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
あの子の おじいさんでしたか。
 まじめに生きた よいおじいさんだったのでしょう。
 仏様を見ているという落ちまであって がんばれ テルヤ。
 ザビエル 大分だあ。鶴の子 福岡だ。
 合掌 

  1. 2009/11/30(月) 22:02:16 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 おばんです。

絆でつながっているんですね・・・。

俺はどうなんだろう・・・爺さんになれるやろうか・・・。

★コメント有難うございます

  1. 2009/11/30(月) 23:58:03 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  君平さま
京都に行かれたのですね。
紅葉の色がとっても綺麗でした。
カメラ替えられたのですか・・
私もデジカメ買い換えました。
後、10年は使うつもりで(笑)


v-5  時雨ちゃん
人間いくつになっても、死ぬまで勉強です―教えて頂きました。
このじいちゃんも短歌詠んでたので、お話が合いました。
ニャ~ォ!楽しんで来ましたね。


v-5  小紋ちゃん
そうなんよ。
テルヤのじいちゃんやった(因縁?)
お化けもやっぱり、警察は怖いらしい(笑)
お化けにビビるお巡りさんってのも絵にならんしね。
ザビエルは娘、鶴の子は、私の大好物!
お土産のリクエストはいつもこれです。


v-5   おひげさま
ほんとうに、不思議なご縁で(これも輪廻!)
悪い事は・・(いえ!いえ!してませんよ)出来ないですね。
大丈夫!
おひげさまは、じいちゃんになれます―なります。
決してばあちゃんには、なれません!

お座布団 はこびましょか

  1. 2009/12/01(火) 19:28:43 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
Bakoちゃん ひげさんへの お返しのコメント
 ようでけとります。拍手。

  1. 2009/12/01(火) 20:37:31 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
笑・・・座布団お好きなだけ・・・。

クリスマス ♪

  1. 2009/12/02(水) 22:13:13 |
  2. URL |
  3. きつつき
  4. [ 編集 ]
Bakoさん こんばんは~☆

ガラッと変わってクリスマスバージョン v-255v-352v-339
大人可愛いで素敵になりましたネ !!

これ以上、ご不幸事が続きませんように・・・。

★コメント有難うございます

  1. 2009/12/02(水) 23:31:55 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  小紋ちゃん
おっちゃんのコメント読みながら、思わず出たツッコミです(笑)


v-5  おひげさま
おおきに!正座が苦手ですので腰を掛けられるくらい頂きたい!!


v-5  きつつきさま
私も今夜、PC開けるまで知りませんでした。
娘の仕業―いえ!おかげです。

三度ありましたから・・・もう、大丈夫だと思いますが・・・
孫の体力が付くまでは、私もまだ逝けませんので!

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。