• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千の風に吹かれて―(1)

  1. 2009/11/24(火) 18:25:12|
  2. ■夜桜一家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
この一週間、訃報が相次いで届いた。

第一報は、まだ若い甥の不慮の死。
思いがけぬ悲報。逆縁に慟哭する両親。
車と音楽が趣味の、いたっておとなしい真面目な好青年だった。
「彼女は出来た?・・・」いつも冷やかすと、はにかみながら首を横に振っていた。

K家一族にとっては昭和62年、義母が亡くなって以来の葬儀。
見まわしてみたら私達が最高齢になっていた。
20数年前とは葬儀も様変わりしていて戸惑うばかり。
嘆き悲しみながらも、JIKOが長老として相談相手となり、段取りを決めていく。
『役付』に親戚縁者の名前を書き込んでいくJIKO。
東京はじめ各地から駆けつけた親戚縁者。20年の間には、甥・姪の子、従兄弟の孫・・・顔も名前も知らない子供たちが増えていた。
「おい!ききちゃんとかほほちゃんとか呼び名やなしに本名で言うてくれや!」とJIKO。
「それ、本名です。キキは魔女の宅急便のキキ」
「トキは鳥の朱鷺か?」
「いえ、トマトのマをキに・・・トキトです」
「ふーん!、ほほ・のあ?は・・・」
「ホホは頬のホホ」
「ノアはノアの箱舟のノア」
それぞれの親が口々に言う。
「今の子の名前はややこしいのぉ」JIKOの感想。

お葬式 (2)

今年の9月に新築落成したばかりの『○○○○霊苑』
お葬式 (29)
千の風になって、晩秋の空の彼方へ・・・

お葬式 (6)

お葬式まで2時間あったので帰ってご飯をたべていると電話!
喪服(和服)を着るのに着つけを頼まれていたのを忘れていたのだ。
式場の控室で着せることにして駆けつけた。
「全部持って来た」と言うわりにはちぃさな紙袋だとは思ったが・・・
普段から着物には縁のない暮らしの私よりうんと若い彼女。
腰紐3本だけ・伊達締め・帯枕なし。
長襦袢の裄が着物より5センチ長い。
「紋付はばあちゃん、長襦袢は娘のもの」だと言う。
クリップを4本貰ってきて、長襦袢の袖を止める。
どうにか形になったところで
「あっ!草履忘れた!」

何の躊躇もなく、白足袋のまま、履いてきた革靴を履いた。
(どんだけ、大きなドタ靴だったんだ~)
黒紋付に革靴、その格好で式場へ・・・

「おまえ!坂本竜馬か!」JIKOの驚いた声!

お葬式 (30)

菩提寺が隣市にあるので、隣市から来られた御住職はじめ5人のお坊様。
声が良くて諷誦が心地よく、ひさしぶりに良いお経を聞いた。

告別式のあと、司会者が
「5分後に49日の法要を行いますので御親族の方はお残り下さい」
葬儀の間中、肩を震わして一回り小さくなったように見えた喪主。
ひょっこり立ち上がると、係の人に
「帰っても良いですか」
しーんと静まりかえった中での一声。
「喪主が帰ったらいけんやろ!」
不謹慎にも思わず笑ってしまった。
あちらこちらでひそかな笑い声が・・・
竜馬の彼女もあわてて喪主を引き止めた。
今、思えば早くひとりになりたかったのかも知れない。

精進落としの席で
「あんないい子がなぁ・・・」
「良い子は神様も欲しがるんよ」
「こればかりは順番通りやないなぁ!」
「ねえさんは長生きすらい・・・」ってどういう意味?

みんなの視線が痛い!と思ったのは、思いすごしか・・・

帰りにはたくさんの花を頂いて帰る。お葬式 (37)

家に帰り、やれやれと熱いお茶をいっぷくしていると
携帯が鳴った。
電話の主は・・・・









耐えられません !!

  1. 2009/11/25(水) 00:43:10 |
  2. URL |
  3. きつつき
  4. [ 編集 ]
Bakoさん こんばんは

甥子さんの不慮の死、心よりお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りいたします。
私にも息子がいますので、息子さんを亡くされたご両親のことを思うと、とても人事とは思えません。

昔、息子が「深耶馬溪」で、バイクでスリップして怪我をしたと連絡が入り、主人と慌てて現地へ行きました。
ガードレールが無かったら、息子は真っ逆さまに谷底へ落ちて亡くなっていたでしょう・・・。
今考えてもゾッとします。

  1. 2009/11/25(水) 09:19:03 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 おはようございます。

甥子さんのご冥福心よりお祈り申し上げます。
なにやかやと大変だったでしょう・・・少しゆるりとなさいませ。

  1. 2009/11/25(水) 16:06:29 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
甥御さん、たいへんなことになっていたのですね。
安らかなご冥福をお祈りします。

先月、大好きな義理の叔母を亡くしたばかりです。身につまされて、辛いです。

でも、電話の相手も気になるし。

★コメント有難うございます

  1. 2009/11/25(水) 23:44:47 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  きつつきさま
御弔問有難うございます。
親の気持ち痛いほどわかります。

バイクは怖いですね。
孫が良く乗っているので―


v-5  おひげさま
御弔問有難うございます。
映画の「お葬式」ではないけど・・・泣いたり笑ったり!
尋常ではない出来事ですので、みんないろいろとやらかします。
それがよ!ゆるりと出来ない二弾・三段が・・・


v-5  阿修羅王さま
御弔問有難うございます。
この世より良い所に逝ったのだと思いましょう。

あーちゃん、凄い事があったんやね!
そんな奇跡みたいなことが・・・
なんで小紋ちゃん、分かったんやろう?
不思議!?

  1. 2009/11/26(木) 07:05:07 |
  2. URL |
  3. kain-4
  4. [ 編集 ]
甥子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。逆縁は辛いですね。今月末は兄嫁の三回忌です。時がたっても先方のお母様の悲しみが減ることも無くお気の毒に思います。

  1. 2009/11/26(木) 08:19:01 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
Bakoちゃん 私も昨日 孫がなくなって 賀状遠慮のはがきもらったんです。
 年ではないですよね。
 いろいろと 年長者のお勤めがあることでしょうが
無理しないでくださいね。
 たぶん 阿修羅様の何本目かの お手てが おしえてくれたのかと・・・・

★コメント有難うございます

  1. 2009/11/26(木) 23:27:40 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  Kainさま
御弔問有難うございます。
早いものですね・・・Kainさまが、お義姉さまの本を作られてから―もう三回忌になりますか・・
逆縁の辛さだけは、味わいたくありません。


v-5  小紋ちゃん
いつの間にか、最年長になっていました(笑)
小紋ちゃんに霊感があるの?
それとも阿修羅王さまのオーラかなぁ・・・

可哀想ですね…。

  1. 2009/11/26(木) 23:48:11 |
  2. URL |
  3. 時雨空
  4. [ 編集 ]
若くして亡くなるって言うのはほんと可哀想でしたね。
でも何かこの話を聞いて亡くなる人が引き合わせる縁って言うのも
またあるのかなぁ~ってちょっと思いました。
最近は面白い名前の子が沢山居ますね(w

★コメント有難うございます

  1. 2009/11/27(金) 12:54:03 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  時雨ちゃん
“消えたい”なんてあだおろそかに言ってはいけませんよ!
この世でたったひとつの、かけがえのない大事な命です。
そうですねぇ!彼が何十年ぶりにみんなを会わせてくれたってみんな口々に言ってました。
兄弟姉妹が久しぶりにそろったとか・・・

HDネームのような子供たちばかり!
顔は忘れても名前は覚えてますね(笑)

こんにちは。

  1. 2009/11/28(土) 00:59:48 |
  2. URL |
  3. 君平
  4. [ 編集 ]
長く生きていれば、このような場面には多く
出くわすようになりますよね。避けて通れないとは
言え、やはり、近い人が亡くなるというのは
堪えられないものですよね。
最近はこのような豪華な葬式もだんだん減ってきて
いますよね。

★コメント有難うございます

  1. 2009/11/28(土) 13:08:08 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5  君平さま
長く生きれば生きるほど、これからもこのような憂き目にあうことでしょう。
私も知らなかったのですが、当地方ではこれが一般的な葬儀のようです。

お引っ越ししたんですね。
紅葉の色がとても綺麗に出ているようにおもいますが・・・
写真に重点を置いたブログなのですか?

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。