• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取材

  1. 2009/02/12(木) 17:05:54|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
ターゲットが決まると取材が始まった。
3・4人がチームを組んでアポをとりデジカメ・ボイスレコーダー・予備の電池・充電器を入れた袋を渡され訳も分からぬ者同士(一度リハーサルはしたんだけど・・・)
最初はゆいちゃん(16歳)と、かずくん(17歳)。
ゆいちゃんとは最後まで同じチームだった。
カメラマン・インタビュアー・レポート制作係を決めて―
当たって砕けろ!(日本語通じりゃどうにかなるやろ)的な取材が始まった。


DSC02744.jpg

DSC02757.jpg

コピー ~ 191

路上でライブをしながらロックミュージシャンを目指す少年(高校3年生)の取材。
「座右の銘は?」
「なに?それ?」
聞き返されて、ゆいちゃんは私を見る。
(自分たちで作った質問項目だろ・・・)
「格言!」と私。
「へぇ?」
「常に心がけてること」
「早起き」(新聞配達してるもんね。じゃあ無くて―)
「こう、しょうとか、そうなりたいとか(人生の指針―無理か?)」
「ロッカーになりたい」
「じゃあね。好きな言葉。いっつも言ってる言葉」
「気合だぁ!ー」

お寺

名僧

古い街並みガイドの取材で龍潭寺へ行った時のこと。
住職が
「石原家の墓所があります」 とちょっと自慢げに案内してくれた。
石原都知事が年に一度は墓参に来るし、ご両親の出身地がここ、保内だと言うのも知ってはいたが菩提寺が龍潭寺とは知らなかった。
私が息子のお産で入院していた時、隣の部屋に裕次郎さんの叔母さんが入院していて裕次郎さんがお見舞いに来て病院中、大騒ぎになった。
「石原家」になんの興味も示さないゆいちゃんに
「ほら、裕次郎」
「・・・・」
「裕次郎知らんの?石原慎太郎の弟」
「・・・・」
「石原都知事知っとるやろ?」
ゆいちゃんとまみちゃんは顔を見合わせていたが・・・
「良純さんのお父さん?」
(そっちかい!)

ガイドさんが
「三本松からグラマンが来て・・・」
「グラマンって何?」
「グラマン・B29 敵機 アメリカの爆撃機」

「戦争の話お父さんやお母さんに聞いたことない?」
二人とも頭を振る。
「お母さん幾つ?」
「38です」「42歳」(そりゃ無理やな!)
「おじいちゃん、おばあちゃんは?」
「ばあちゃんが59でじいちゃんが62かな?」
祖父母さえ戦争を知らない世代なのだ。
ガイドさん自身「聞いた話ですが・・・」と説明していたもんなぁ。

再び愚かな戦争のないことを祈りつつ、たわいない話題で弾ける若い子を乗せて車を走らせた。







こんにちは。

  1. 2009/02/13(金) 12:21:59 |
  2. URL |
  3. 君平
  4. [ 編集 ]
こうゆう事を実体験すると
万人が満足するようなことを
実現するのは難しいと思いますよね。
やはり、多数決というのは正しい選択なのかもしれません。
ただ、母集団が偏っていては意味がありませんが。
大人代表として頑張ってくださいね。

★コメント有難うございます

  1. 2009/02/13(金) 13:59:25 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 君平さま
長く生きたなぁ!ってのが実感です。時代も言葉も死語が多くなって・・・言葉も生きてる・・・戦争のことは後世に伝えなければいけないと思いますが―

年の差

  1. 2009/02/13(金) 20:43:38 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
ものすごいジェネレーションギャップですね。そりゃあ私自身も戦後生まれですけどねぇ。
やはり知識というのはどれだけ長く生きたかと言うことがよく分かりました。

昨年、同じ時に定年退職した仲間とよく話すんです。レポート書くのに、若い子は知識不足でたいへんやろねって。

No title

  1. 2009/02/13(金) 22:22:00 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 お若い!!。

戦争を知らない子供達・・・なんて言葉がありましたが、その子らですもの・・・・知らんで当たり前なのでしょうか・・・?。

★コメント有難うございます

  1. 2009/02/13(金) 23:42:35 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 阿修羅王さま
私年代の常識は、今に生きる子ども達には通じません。
戦争を体験した年代も少なくなりました。
防空頭巾や空襲警報発令なんて、もう完全に死語ですね!
あーちゃんも知らないでしょう!


v-5 おひげさま
おひげさまも戦争を知らない年代だと思いますが・・・
真面目な話、風化させてはいけない、でも楽しい話ではないし・・・

石原家

  1. 2009/02/16(月) 07:35:47 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
 おはようございます。今日は大丈夫はいりました。
 若い人に 色々教えてあげて 教わって 話をしたいですね。
 知事は墓参にお見えなのですね。良純さんが お前は長男ではないから 墓を買えといわれ 働き出して一番に買ったのが墓地 と言う話わすれられません。テレビで 話してました。
 
 

★コメント有難うございます

  1. 2009/02/16(月) 22:18:09 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 小紋ちゃん
良純さんのお墓の話はしりませんでした。裕次郎さんも知らない世代が増えて・・・昭和は遠くなりにけり!ちょっと淋しいかな!

 管理者にだけ表示を許可する
 


<<編集  | BLOG TOP |  船出>>


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。