• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騙せなかったメニュー

  1. 2006/07/24(月) 13:32:44|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
やっとPCに触れるようになった頃、怖い物知らずの私は大胆にも店のメニューを制作した。
PC打てるスタッフが誰も居ない事を良いことに・・
意気揚々と持って行ったら“すー”の第一声「センスわるっ~」

ぺこっ!!(;´д` )


今回、夏メニューを作る事になった。

絵心のある妃美呼に相談した。
妃美呼は美術を志した事もあり、隔世遺伝(私の父は画家で医者でもあった)かも・・・すべてにセンスが良い!!

最初は「ここはフォントを小さくして・・テンプレート云々・・イメージは・・」
「。。。。??」
「わかった??わかったかわからんかちゃんと返事して・・」
「。。。。??」

若き子育ての頃「わかった?ちゃんとお返事は?・・」
私が子供達に云ったそのままの口調だった。
心の中で苦笑いしながらも「うんともすんとも・・」云えない私。

とうとう妃美呼はしびれを切らせた。
「今夜にでもやって上げるわ」
(やったぁ!!)

「すっごい、可愛いの出来たよ」
「私が妃美呼に教えてもろて作ったって言える?」
「さ~ぁ?それは・・・」


20060724131158.jpg


今までの私のメニューとは雲泥の差。
一目瞭然。。。

「うわぁ~すっごい!!」
「めっちゃ!可愛い。。。」
「きれい・・なんか高級店みたい!」
「PCでこんなん出来るん?」
みんなが口々に言う中“すー”
「センスいいなぁ。やっぱプロは違うな」
「プロやないーうちが妃美呼に教えてもろて・・・」
「妃美ちゃんプロと同じやん。これはプロの仕事よ」
(プロならデザイン料頂きますっ)
「今度妃美ちゃんに会ったらお礼いわな・・」とマサゴン
てんで誰も最初から私だなんて眼中に無かったみたいだ。

ひとしきり感嘆の声の後
「前のも字が大きくて良かったよ」
マサゴンのフォロー。
だぁれもなぁんも云わんかった。

足跡でも手形でもどうぞ



FC2ブログランキング


テーマ:こんなことありました - ジャンル:日記


  1. 2006/07/24(月) 15:26:40 |
  2. URL |
  3. ikkimusume
  4. [ 編集 ]
こんにちは♪
リンク頂きありがとうございますm(__)m
お許しでるまで貼るの待ってたんですが
OKと言う事と取って大丈夫でしょうか?
こちらも貼らせて頂きますね♪
これからも宜しくお願いいたします(#^.^#)

あらっ??

  1. 2006/07/24(月) 15:48:12 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
21日にお返事差し上げたのですが・・
行き違いになりましたか??
じゃぁ私のリンクのお願いも見ていませんでしたか?
事後承諾になっちゃたかな?

自信作です

  1. 2006/07/24(月) 22:39:36 |
  2. URL |
  3. 妃美呼
  4. [ 編集 ]
「自分で作った」さすがのBakoも
言い張ることはできなかったみたいね(='m')くすっ♪

私の自信作は♪

  1. 2006/07/25(火) 01:18:39 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
妃美呼やわ。!!
あなたのお陰でこんな楽しいことも出来るし、可愛い孫もすこやかに育ってるし(*^-^*)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2006/07/25(火) 16:52:59 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。