• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風の道抄」その後

  1. 2008/04/27(日) 16:26:44|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
音声訳の「風の道」を聞いた著者ご本人から「コピーを一枚下さい」
との依頼をOさんが受けて来た。
と・・・と・・・とんでもない!
あんなぐだぐだのCDをお渡しすることは出来ない。
断固、反対!
差し上げるからには一から録音しなおしてプレストトークで無くて普通に聞けるCDに仕上げたい。
歌も著者自身に選んで貰おうと言うことになった。

後日著者自身の選ばれた歌が
  『詠はねばわが手震うと思ふまで三十一文字にいのち凭るる』
「歌は私の生きの証です」
と届いた。

Tちゃんが「短歌を読むのが得意な先輩がいる」
とMさんを助っ人に連れてきて4人で読むことになった。
読み合わせも丹念に―
OさんMさんのダメだし強烈。
アクセント辞書片手に一語一句訂正される。
体育系並の先輩・後輩の差が厳しい世界である。
先輩はそれだけ実力も実績もあるので三年目の私などまだまだ新人である。
私の後に入ったのはTちゃんひとり。
20人ほどいたのだが初級からメカへと進む段階で退会していき残ったのはTちゃんだけ。

一週間の練習期間の後録音。
先輩の指示どおり自分の持ち場は暗記するほど練習した。
録音前日。
Mさんへ電話で泣きついた。
「誤読やとんでもないアクセントはもちろん結構ですが、歌人は地元の方なんやけん多少の南予訛りは大目にみるようOさんに言って下さいや」
「とても私の口からは言えませんので―」(言ってるじゃん)
「そのかわりメカ(校正・製作)の方はばっちりやらせてもらいますから・・・」
MさんはOさんより先輩である。

録音当日。
Mさんは「私ね、和歌読むのは得意なんだけど短歌の録音は初めてなのよ。多少の訛りが出るのは許してね」サラリとOさんに言ってくれた。

マイクを前にすると極度の緊張をする私だが2ヶ所止められただけでスルーしてもらって持ち場は読み終えた。
後はメカ―私の思い通りに音楽も流せて―

千丈川 009

さくら
桜の咲くのを待って撮影に行きCDにプリント。

千丈川 004

サブタイトルが千丈川だったので千丈川の菜の花をジャケットに。
イメージ通りのCDが出来た。

プレゼント

cd.jpg


―歌こそが「生きの証」とふひとの 珠玉の言の葉心込め読む―
―桜舞う千丈川のほとり来て 君が詩歌のかけらひろいぬ―


ジャケットにしのばせてOさんに渡した。

その夜
著者ご本人から「感激で身も心も震えております」
「孫や子に送ってやりたいので後三枚お願いできませんか」

―DCに吹き込まれたる風の道 しみじみと聴く風の音響―
―朗読に音の歌集となりて来ぬ 風の道わが涙して聴く―
―逢わんとぞ約せし人を待つこころ 杳かなる日の畏れにも似て―


毛筆で短冊に達筆で書かれた返歌!
「平安時代みたいやなぁ・・・・」「なんとまぁ風流な・・・・」

Oさんが
「大変喜んでおられましたよ。みなさまにお会いしたいって・・・」
いやぁもう声だけのおつきあいでとMさんが言って写真を

千丈川 022


私以外は昭和20年代の生まれ!

私は楽しかったし(喜んで貰えたし)それにとても勉強になった。
個人的に歌人にもゆっくり一度お会いしてみたいと思っている。
そして今度は私自身のCDを作ってみたい。

素敵!素敵!

  1. 2008/04/27(日) 19:43:54 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
もう、なんて表現したらいいのでしょう。ものすごく素晴らしいお仕事をされたのですね。CDやジャケットの写真のぴったりジャスト フィット!自分がやったことではないのに、何故が目がうるうる・・・

追加注文もしたくなるでしょうね。私も聞いてみたくなります。絶対BakoさんのCDも作って下さい。

No title

  1. 2008/04/27(日) 21:17:28 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 阿修羅王さま
喜多郎のBGMがまた凄く良かったの。ほんとイメージどおりの出来でした。
私のも作りたくって娘にイメージ選んでって言ったら結構弾んだ曲選ぶのね。
だからいっそのこと「よさこい節」でも流すか・・・!?

拍手

  1. 2008/04/28(月) 22:15:37 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
すごいですね。CDといったら歌手を思い浮かべますが こういうのもあるんですね。
 梅と菜の花 いいわね。 

いいのが

  1. 2008/04/28(月) 23:42:18 |
  2. URL |
  3. tonko
  4. [ 編集 ]
出来ましたね
CDはさくら
ジャケットに菜の花
いい思い出になって出来上がり
さぞ嬉しいでしょう(^^)

No title

  1. 2008/04/29(火) 14:01:50 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様・・・・こんにちは・・・

素晴らしい・・・・言葉知らずが来るのが恥ずかしいです・・・。

★コメント有り難うございます

  1. 2008/04/29(火) 18:11:18 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 小紋ちゃん
以前はテープでしたが最近は本も(音声訳の場合)CD化されつつあります。
そうですね!
白梅でも良かったかも・・・


v-5 tonkoさま
とても喜んで頂けました。
身障者の方ですのでボランティアの一環としての作業でした。
でも私もほんとうに楽しめました。


v-5 おひげさま
私も草花・動物・自然の事・アイヌの事なにも知りません。
おたがいさまって事でお許しを・・・
知らないことが恥ずかしかったら私もおっちゃんちに遊びに行けませんもの。
知らない分からないことはどんどん聞きますのでヨロシク~
おっちゃんのコメントはいつも楽しくって・・・・

No title

  1. 2008/04/30(水) 09:55:28 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
くすん 目がいいねえ。
 桜と梅と よみまちがえてます。ごめんなさい。

あれれ

  1. 2008/05/01(木) 21:18:45 |
  2. URL |
  3. tonko
  4. [ 編集 ]
Bakoちゃん
どこにいるの?

Bakoちゃん

  1. 2008/05/03(土) 07:55:10 |
  2. URL |
  3. tonko
  4. [ 編集 ]
素敵です!

★コメント有り難うございます

  1. 2008/05/03(土) 12:28:40 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 小紋ちゃん
良いのよ!
私も白梅でも良かったかな?
と思っていたのよ。ドンマイ!


v-5 tonkoちゃん
ありがと!
私一人30年代ですから(西暦)(〃^∇^)o彡☆エヘヘ

No title

  1. 2008/05/08(木) 22:49:11 |
  2. URL |
  3. 神主
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
これはすごいですね。CDもジャケットもすごい。

ちょっと違いますが私もなにかの司会(祭典なども含む)なんかするときはアクセントやテンポ、間なんか結構気にします。意外と難しいです。

★コメント有り難うございます

  1. 2008/05/08(木) 23:58:12 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 神主さま
神事などですと特別な言葉やアクセントもふつーじゃないですよね!やはりかんだりするのかしら?(して欲しい―)
どことなく京訛りのはんなりした「祝詞」なのでしょうか?

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。