• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいらはドラマー

  1. 2008/03/30(日) 17:18:47|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
「風の道」録音の本番も終わり校正してCDのジャッケットの撮影に出掛けた。
サブタイトルが“千丈川”なので・・・・
千丈川に向かう。
ぼかし

千丈川 009


桜は5分咲きだったが菜の花は満開で川底にはちぃさな魚が群れていた。

撮影後、プリンタのインクが少なくなっていたので大洲まで走る。

スーパーで“うぐいす餅”とお茶・コーヒー(Jiko)を買い肱川の河川敷に降りた。
家族連れや子供達が遊んでいるのを眺めながら大洲城の見える場所に移動していると、はるかかなたでイーゼルを立てている人がいた。
ちょうど大洲城の正面あたり・・・
 
         千丈川 013


だんだん近づくにつれジャズ!?タイコ!?

千丈川 017


kawa.jpg


黄色いスポーツカーの車からコードがのびて電子ドラムを叩いていた。
ガンガンにボリュウムあげてヘッドホンをしサウンドにあわせて電ドラを叩いている。

何を隠そうJikoは50年前タイコ叩きだった。
(かっこよく云えばドラマー)

私達が近づいたのに気づいたその人は手を止めヘッドホンをはずして会釈した。
あたりにはスティックが散乱しCDケースやスネアが・・・・
横から見てイーゼルと思ったのはローランドの電子ドラムだった。

「ジャズしてますねぇ!」
Jikoを見て云った。

Jikoの名誉のために付け加えるが、別にJikoは頭を振ったりひょっこひょっこ踊ったりしていた訳でもなく私から見れば特別変わったアクションをしていたとは思えないのだが・・・・

「一目見てわかりましたよ」と云う。
「雰囲気がジャズです。ダンモ(モダンジャズ)な感じ―!」

「いやボクが(おら~とは云わなかった)叩いていたのは50年前ですよ。
白木秀雄やジョージ川口の時代で・・・・」
売れる前の秋吉敏子がピアノを弾いていたバンドでタイコ叩いていたのだ。。
東京から5年前に来たとその人は云った。
趣味で叩いているが東京では××××のバックで叩いたり◯◯◯◯とジャム・セッションをした事もあると・・・・
(私の知らないシンガーやミュージシャンの名前をあげた)
マルタも知り合いだとか・・

それから二人はタイコについてジャズについて語り出した。
千丈川 014


アートブレーキーだソニーロリンズだ・・・・
「これで(電ドラ)ブルマー出来ますか・・!?」とJiko。
「結構、力がいるので軽くスネア打つ調子では出ませんね」
「これちょっと古いんですよ。新しいのが欲しいんですけど~」
「中古でも50万はします」

「オカズがどうたら~こうたら」
(決して今夜の夕飯の話ではない。どうやらアドリブのことのようだ)
二人の楽しそうなやりとりを見ながら私は後ろの石段に腰掛けて熱いお茶でうぐいす餅をほうばっていた。
「打ってみませんか・・・」
いやいや!と手を振って断ったJiko。
後で
「本物のセットなら叩いてみたいけどあんなゴム叩くのはいやだ」
確かに近くで聞いているとゴムパットは
ドタドタ・ボトボト・バスドラに至ってはボッタンボッタン。

でも10m位、離れて聞くとちゃんとハイハットの切れも良いしなかなかのテクはあった。
「幾つくらいやろう!相当古い話知っとったが・・・」
「結構若いんちゃう・・・だってこの寒いのに半袖やったもん」
「最低でも20歳は若いやろ」
花冷えでおまけに川風は思いの他寒かったのだ。

そして私はその人のスティックを握った手の甲の節々にまるで武術家の様な“たこ”が出来ているのを見ていた。
多分、何かの技術者だろう・・・・と!

  1. 2008/04/01(火) 06:56:26 |
  2. URL |
  3. 小紋
  4. [ 編集 ]
子供のころ 裏が映画館だったので 死ぬほど 「おいらはどらまー」をきいておりました。半そで ドラム 音楽 スポーツカー かっこいいものばかりです。
 そしてjikoさんと 手にたこの若い衆も。

  1. 2008/04/01(火) 09:23:29 |
  2. URL |
  3. 君平
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
東京近郊の多摩川等でも、トランペットやホルンなど管楽器を練習している人はよく見ますが、まだドラムを叩いている人は見たことがありません。
Jikoさんも久しぶりに50年前に戻れて楽しかったのではないでしょうか。

  1. 2008/04/01(火) 16:10:08 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様・・・いい春の一日でしたね・・・・・。

Jiko様といいドラマーの方といい、男としては羨ましい限りです。
車がMR-2ってのがねぇ・・・なんともヤンチャなおっちゃんという感じです。笑)
でもこの方の風貌がこのヒゲになんとなく似ているのがねぇ・・・。笑)

尊敬です・・・・・Jiko様!!。
右手のハンドポケットがが、なんともかっこいい!!。

★コメント有り難うございます

  1. 2008/04/01(火) 18:35:36 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 小紋ちゃん
「おいらはドラマー」の頃、お子ちゃまでしたか・・・
裕次郎とひばり―昭和の2大スターでした。
昭和は遠くなりにけり・・ですね。


v-5 君平さま
そうですか・・・私は都会(東京)では当たり前の光景かと・・・
このあたりではちょっと見られない光景だったものですから~
昔を思い出してか懐かしそうにドンバ(バンド)用語で話していました。
ドラムは変わっても用語や奏法は同じなのでしょう(20代のロックやラップ)にはついていけない―意見が合ってました(笑)


v-5 おひげさま
大体ね むかしっからタイコ叩きなんてヤンチャのやる事なんですよ。
だから、お互い匂い?で分かるのかな・・・
とてもお人柄の良さそうな方でした。
このお顔にお髭をつけるとおっちゃんになるのですね。
どんな感じのヒゲなのかなぁ!?

>右手のハンドポケットがが、なんともかっこいい!!。
伝えておきます―きっと大喜びですよ(云われたことないから)


世界に誇れる秋吉敏子

  1. 2008/04/02(水) 20:06:44 |
  2. URL |
  3. boumama
  4. [ 編集 ]
凄いですね!Jikoさんが秋吉敏子と一緒にドラム叩いていたなんて!
秋吉敏子といえば頭に浮かぶのは長い曲ですが「ミナマタ」です。夫のルー・タバキンとのアルバムが多いいですよね。私も何枚かアルバム(勿論、レコードです)を持っていますよ。
そして、彼女は世界に誇れるジャズ・プレイヤーです。

思わぬところでソニー・ロリンズとかアート・ブレーキーとか聞いて嬉しくなりました♪
マルタもファンです。
それにしても、Jikoさんかっこ良すぎます。

ミュージシャンJiko

  1. 2008/04/02(水) 21:11:27 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
Jikoさん、か、かっこいい。ドラマーだったのですか!そんなかっこいいJikoさんにBakoさんは一目惚れですか。憧れの秋吉敏子さんとご一緒していたなんて、羨ましいです。マルタも好きなミュージシャンです。その場に私も混ざって音楽談義を聞きたかったです!

★コメント有り難うございます

  1. 2008/04/02(水) 22:08:58 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 boumamaさま
私もジャズは好きですが・・・・
ただ聞くだけで詳しいことは知りません。
以前はレコードもたくさんありましたしスィングジャーナルもとっていましたが~ふる―い昔のお話しです(笑)
もうおまけの人生ですから~


v-5 阿修羅王さま
かっこ良く云えばドラマー!ですけど
タイコ叩きですよ!(やんちゃなネ)
もともとはね。
バンマスと私が友達だったので若き日のJikoをボウヤ(バンドボーイ)として紹介したのが始まりなんよ。
あーちゃんお若いのに博学ですねぇ~
私は入っていけませ~ん。
ひたすら“うぐいす餅”ぱくついていました(爆)

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。