• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿坊:普賢院

  1. 2008/01/22(火) 22:16:36|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
『高野山:普賢院』
前住職[ 森寛紹大僧正 ]が愛媛出身で賓頭盧さんが前住職の時代からお世話になっているお寺さんとの事。
先ずお寺の大きさに度肝を抜かれた。

20080122215954.jpg


20080122221508.jpg


山門の立派な彫刻に驚きながら大玄関で小坊主(学生僧)さんに迎えられ(小坊主=修行僧・雲水さん?)

20080122220229.jpg


待合所?の豪華な螺鈿細工の壁面、ホテルで云えばロビー。
ここでご住職の奥様(大黒さん?坊守さん?)にお会いした。
普通に毛糸の重ね着をしてロンスカ姿で
「寒い所をよくお参りされました」
二日間、お寺でお会いした女性はこの方一人(いや二人?)私会ったもん?
長い長い廊下を部屋へと案内されるのだが、小坊主さんは草履ですーすーと静かに足音も立てず歩く。
賓頭盧さんは最初っからスリッパ履いていない。
私にはスリッパが大きすぎてドタバタドタバタ廊下に響くので最後尾に廻りそっとスリッパを手に持って歩いた。

通されたのは二階の二間続きの和室(当然やな)
エアコンで部屋も暖めてある。
賓頭盧さん達は隣の部屋。

20080122221410.jpg


香が焚かれた床の間の“干支の切り紙”
聞けば高野山は稲が無いので“宝来”と言って注連縄の代わり?だって・・

20080122222254.jpg


間仕切りの襖。
廊下に面した入り口は障子で鍵は無かった(お寺さんだもんな)

20080123022115.jpg


窓際の板の間スペースには応接セットがおかれ窓から見えるお庭。

全て和風だがトイレはウォシュレットで広く綺麗だ。
アメニティグッズも洗顔フォームが無いだけですべて揃っていたし浴衣も丹前もあった。

お四国さんでの宿坊とは全然違っていた。

「お食事のご案内いたします」
障子の外で小坊主さんの声。
出て見ると草履をちゃんと脱いで立っていた。
「和室ですか?」
正座きついなぁ~と思いながら・・
言葉のニャンスで察した小坊主さんは
「ご用意致します」
話をする時にはいちいち草履を脱いで会話する。

20080122231745.jpg


持って来てくれた座椅子(座枕?)

20080122231920.jpg

配膳をする学生僧(まだ中学生くらい)

20080122232121.jpg

手前でハレーションおこしているのは賓頭盧さんの頭。
食事は賓頭盧さんたち4人一緒に・・・

20080122232334.jpg


20080123022019.jpg


これにお豆腐と根菜の椀物とにゅうめんのおすまし。

『精進料理』
四国の宿坊ではお刺身がついていたが普賢院では本当の精進料理だった。
初めての食感の物もあり小坊主さんに聞いたが
「私はお運びだけでわかりません」
と顔を真っ赤にして云うのでいろいろ聞きたかったがひかえた。
お味は京風で上品な味付けでどれも美味しかった。
「出された物は残したらいけんがで~葡萄の皮も残されん」
賓頭盧さんに云われ
(オイ!オイ!)
とJikoを突いて苦手なピーマン・人参の残った皿とJikoの空の皿と交換。
葡萄の皮はテッシュに包んで空になったお椀に急いで隠して蓋をした。

明朝は5時起き!
『朝の勤行』 

豪華

  1. 2008/01/23(水) 10:15:07 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
どこぞの有名旅館かと思えるような宿坊ですね。精進料理美味しそう。お造りは出なくても、お酒は出るのでしょうか。おちょこが見えます。
Bakoさんたちの後ろの中国風の襖絵、綺麗ですね。

No title

  1. 2008/01/23(水) 12:34:23 |
  2. URL |
  3. 君平
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
京都のお寺に朝早く行くと、宿坊の雰囲気を味わえますね。
お寺の奥に流しがあったりと。
でも、そんなに内装は豪華なんですね。個人的には相当居心地は悪いのかと思っていました。
私は旅先では目いっぱい遊ぶ方なので、旅館や宿坊はもう少し大人になってから、楽しむ事にします。

★コメント有り難うございます

  1. 2008/01/23(水) 15:16:06 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 あーちゃん
私も驚きました。
修行の場としての宿坊しか知りませんでしたので・・
般若湯としてお銚子が付いているのですが私達は4人で一本頂きました。
部屋のしだれ桜の襖絵もとても綺麗だったのですがあーちゃんみたいに上手に写せません。


v-5 君平さま
お寺のお行儀・しきたり知らないことばかりで緊張感を楽しみました。
他にも宿泊者はいらしたのですが物音・話し声ひとつしませんでしたね。
若い方にはお釈迦様相手よりホテルの方が良いでしょう(笑)

No title

  1. 2008/01/23(水) 20:09:16 |
  2. URL |
  3. ひろぽん
  4. [ 編集 ]
昔の建物って本当に感心するよね。 今ほど便利な時代じゃないのにすごい技術、やっぱり手でつくるものはすごいよねぇ~

私も精進料理を

  1. 2008/01/23(水) 21:57:19 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
食べたばかりです。総持寺で兄嫁の法事をしました。とても大きくてびっくりでした。
Bakoさんの泊まられたお寺もすごく立派ですね。先週の経験と重ねながら拝見しました。

★コメント有り難うございます

  1. 2008/01/24(木) 00:05:56 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 ひろぽんちゃん
ほんと“素晴らしい”の一言ではかたづけられない技の数々でした。
まあちゃんのケーキも本物みたい―上手に作ってたやん。
熊ちゃんも可愛いかったけど・・


v-5  Ivoryboatさま
御本も間にあって・・・
お義姉さまの良いご供養が出来ましたね。
あっ!そうそう Ivoryboatさま
御主人のご実家お寺さんでしたよね。
小坊主(学生僧)さんの呼び方は?
なんとお呼びすれば良いのかしら?

日本文化

  1. 2008/01/24(木) 05:58:34 |
  2. URL |
  3. tonko
  4. [ 編集 ]
Bakoさん おはよう

隅々まで和の世界
畳のへりの柄にまで
目配りされてます 
襖の模様(間仕切りが)
美しい

そうだね 手で作ったものの
凄さに頭が下がりました
いいもの見せていただき
ありがとう。。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2008/01/24(木) 09:23:09 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

  1. 2008/01/24(木) 09:40:21 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 おはようございます。

一度、体験したくなりました。
無類の粗忽者ゆえどうなるやらわかりませんが・・・・。

緊張して倒れてしまうかもしれませんね。笑)

釧路は大荒れの予報です・・・朝から降りり出した雪は、だんだん激しくなってきました。

荒れた庭も綺麗になってきました。笑)

★コメント有り難うございます

  1. 2008/01/24(木) 14:01:58 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 tonkoさま
流石ですね。
私は畳のへりまで気がつきませんでした。
tonkoさまのように写真が上手だと良いのですが私のはメモがわりですので・・・


v-5 ☆―★―☆さま
そうですね。
宗派や地方によって違うかもしれません。
いつも有り難うございます。


v-5 おひげさま
異空間の体験もおよろしいかと―
ところで
「ミンタラ」ってなぁに?
「チンタラ」の身内?
もしくはアイヌ語?

立派な佇まい

  1. 2008/01/25(金) 12:54:05 |
  2. URL |
  3. boumama
  4. [ 編集 ]
見てるだけで立派な佇まいでこの普賢院の空間が伝わって来るようです。こんな空間で朱塗りの脚付き膳の精進料理なんて気持ちも改まりいいものですね。

きっと、jikoさまと一口ずつ噛みしめて味わうことが出来たのでしょうね。
まだ中学生くらいの修行僧?君はどんな気持ちでこの世界に身を置いてるのか聞いてみたくなりました。

  1. 2008/01/25(金) 13:55:00 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 boumamaさま
ええ・・私もいろいろ聞いて見たいと思ったのですが「はい!」「いいえ」とかばかりで・・・
まだ不慣れなのか必要以上の会話は禁止されているのかって感じでした。
テーブルでの食事に馴れてる私には正座で作法があるらしいお料理は不得手でしたが・・・
「不調法で失礼いたします」食べたいものから頂きました。

No title

  1. 2008/01/25(金) 18:13:21 |
  2. URL |
  3. ひげ
  4. [ 編集 ]
Bako様 おばんでした。

ミンタラはアイヌ語です。

庭という意味になりますが、おっちゃんはかってに遊び場とか・・・・そんな風にとってもらえればと思っています。

カカはちんたらとかチンピラだと言っていますが・・・・・。
まぁ・・・・納得せざるを得ない所もあるんですが・・・・。笑)

  1. 2008/01/26(土) 00:26:11 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
v-5 おひげさま
有り難うございました。
以前から「なんだ?」「なんだ?」
やっぱりアイヌ語でしたか!
和訳するとカカさまが云ってることが的確かとヾ(笑^▽^笑)ノ 失礼!

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。