• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定=未定=決定

  1. 2007/11/22(木) 11:59:21|
  2. ■アンビリバボーな面々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
賓頭盧さんに来年5月に高野山にお参りの予定を話す。
「じゃぁその時連れて行ってくれ」

いいよ!
納得して賓頭盧さん帰って30分後
「3月にしょうや」
いいよ!

二日後、
「やっぱり年内にお参りしたい。
12月は気忙しいけん、11月どうなら」
(とこれが10月はじめの話である)
讃岐がまだ13ヶ寺残っているのでそれでは急だが10月の末までに打とうか~
JikoがOKした。
すると次の日

「11月高野山は雪じゃそうな。
今月行こう・・・・」

そこで賓頭盧さんが“ばー”と呼ぶところの奥さんの静さんを加えての相談となった。
静さんは名前どおり物静かでおっとりして声を荒げたり大声を出しているのを見たことのない私より3・4ッ若く私とは正反対の人だ。
体が不自由になってからは特に
「いふ(癇癪)を起こしてお袋が可哀相です」
と息子さんがいつも云う。
ちょっと静さんの姿が見えないと
「どこに行った・・・何しに行った」
孫(22才)が9時に帰って来たと
「子供が夜遊びする」
孫の靴の脱ぎ方がどうの・・口の利き方がどうの・・
孫を怒り静さんに当たる。

私は
「考えても見。
自分の体さえ思うようにならんのに“ばー”や孫が思うようになる訳ないやろ!
思うようにならんで当たり前。
いちいち怒りよったら又血管切れるで―」

だから他人の私達にも都合があることを暗に含めて話すのだが一端思い込んだら意のままにならないと気が済まない賓頭盧さん。

賓頭盧さんは或銀行の本店で本部長にまでたたき上げでなった人でこの田舎ではちょっとした名士だ。
みんな敬語だが私はふつーにタメ口で話す。
同い年だし別に上司でもないし・・・
定年までスーツ姿の賓頭盧さんしか見たことが無かった。
だから部下をはじめ家庭でも(あんたが大将)で口答えする人など(おまけに息子の嫁は元部下)いなかったのに私がぽんぽん云うので

「かあちゃん(私のこと)にはかなわんのぉ!」
「説教はした事あってもされた事は無いわ」

静さんも性格が分かっているので
「どうにか10月中に・・・」
と哀願するように云う。
まぁ百歩譲ろう~が20日までは私の予定がある。
それ以後なら日程・交通手段すべて賓頭盧さんの体調を考慮して計画するよう静さんに任せた。
静さんは何10回と高野山に同行しているので・・・

次の日 計画表を持って来た。
見ると移動時間・列車で7時間。
そこからケーブルカー・バスで9時間の行程。
「飛行機にすれば(45分)?」
Tochiの話を聞いていたので
「きれいなおねえちゃんが車椅子で降りるまでお世話してくれるよ」
ちょっとスケベ心を刺激して見たが
「空港で昔の知人にあったら・・・!
背広着ずに飛行機に乗るのは・・・」
と二の足を踏む。
賓頭盧さんの気持ち分からぬでもないので・・・

賓頭盧さんが長時間の列車と高野山まで8回の乗り換えをクリア出来ればいいよ。
と云ったら次の日、早速チケットの手配をして来た。
なんと21日の早朝出発!!
21日は『弘法の日』で信者にとっては特別な重要な日なのだ。


一週間後?


20日ぎりぎりまで私は 今川先生 の中級講座が入っている。
それに結願せずに高野山に行くのは最低限、私のアイデンティティが許さない。
と云うことは講座の合間を縫っての二日間で讃岐13ヶ寺打つことになる。
行くだけで240k~日帰りでは到底無理だな。

芥川龍之介の「杜子春」・宮沢賢治の「雪渡り」を熟読して録音の宿題もあるし・・・

しかし

チケットも買ったし宿坊も『普賢院』を予約した!と云う。




ありゃあ

  1. 2007/11/22(木) 23:03:33 |
  2. URL |
  3. 水戸小紋
  4. [ 編集 ]
年寄りと子供は ご飯を待てないといいますが これはたいへんだあ。Bakoさん がんばって。

小紋ちゃん

  1. 2007/11/22(木) 23:47:08 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
頑張ったよぉ~。
奮戦記ぼちぼちUPしますね。
そりゃ大変でした。

多忙

  1. 2007/11/23(金) 20:20:17 |
  2. URL |
  3. 水戸小紋
  4. [ 編集 ]
たいへんでしたか。おばばも今日は 親戚の不幸で 忙しかった。

Hurry up!

  1. 2007/11/23(金) 20:46:20 |
  2. URL |
  3. 阿修羅王
  4. [ 編集 ]
なんて慌ただしいのでしょうね。あまりにも急ぐとトラブルでも起こりそうなので、お気を付けて下さいね。
高野山のレポートがまた楽しみです。

何て慌しい

  1. 2007/11/24(土) 11:44:52 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
大変でしたねぇ。よくお付き合いされたことと感心します。年来のお友達なんですね。
私もせっかちなところがありますが目が悪くなってからはゆっくりするしかなくなって、これがまたストレスです。
レポートを楽しみにしています。

★コメント有り難うございます

  1. 2007/11/24(土) 20:31:05 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
小紋ちゃん
ご不幸があったのですか・・・
大変でしたね。
お体気をつけてくださいね。


阿修羅王さま
そうですね。
でも大丈夫!
私はわりとマイペースですので・・
結構 賓頭盧さんのお陰でいっきに事が進みました。


Ivoryboatさま
賓頭盧さんはJikoの高校時代からのお友達です。
高野山でもいろんな経験をしましたし楽しいことも有りました。
讃岐のお寺と同時進行でUPしていきます。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。