• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第70番札所~第71番札所

  1. 2007/11/01(木) 14:06:25|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
七宝山本山寺しっぽうざんもとやまじ

四国霊場広しと云えど“馬頭観世音菩薩”が御本尊なのは唯一此処だけ
境境内は2万㎡と広くてしっとりと落ち着いた佇まいである。

20071101135338.jpg


等身大 二頭の馬像

20071101135505.jpg


大同四年建立の五重の塔などは往古の姿そのままで、遠くからでも見えた。

20071101135547.jpg


本山寺鎮守堂
桧皮葺きの美しい傾斜を見せる室町時代末期の様式を残す。

20071101135526.jpg


 乳色に 遠く山々沈みおり

            金木犀の香り漂う
 

車遍路の方に
「これからの道でねずみとり・シートベルトなど車遍路を標的に取り締まりがある。
制服では無く私服の警官(百姓に化けてる―と言った)が立っている」
情報をキャッチ。
山道や狭い道ばかり走っていてつい飛ばしたい道路が13k続くのだ。
「気ぃつけや!飛ばすな!」
連呼しながらJikoにブレーキかけつつ国道11号線を走る。



剣五山弥谷寺けんござんいやだにじ

山道にかかるとロードコーンが道の真ん中に・・・
引き返して麓の駐車場に車を置き歩いて山道へ・・
(後で聞くと山陰で見えなかったが料金所があり大師堂の下まで有料で行けたそうだ)

両側が竹林で2・3段上っては1mほど歩き・・・と緩いが長い石段が山中へと続く。
その途中に点々と赤い涎掛けの風雨に晒されたお地蔵さんや石仏が随所にあり人にも出会わず踏みしめる枯葉の音と竹の葉擦れの音のみ。
昔から死霊のゆく山と信じられているらしいが・・・
いかにも・・って感じ。

20071101170202.jpg


その途中にあった浮き世ばなれした茶屋。
人の気配なし・・・

20071101170238.jpg


役目を終えた梵鐘が朽ちた堂宇の縁に置かれているのも侘びしい。
やっと人の居る大師堂の下に出る・・・みんな上の駐車場まで車で来ていた。
262段の石段。
大師堂まで上がったと思ったら本堂まで170段の石段。
それが結構 急勾配で・・・ジグザグについているので上は見えない。
「まだぁ?も~う弥谷(いやだに)はいやだ~ぁ!」
など云っているうちは良かったが心臓は早鐘・足は縺れて上がらない。
急勾配なのでうっかりしてると後ろにひっくり返りそうになる。
気を紛らわそうと石段を数えていると
―大師堂下から340段・山門からだと580段。
まだまだ有るよ―
数える気も失せて・・・1歩2歩足を運んでは手すりに縋って休む。 
さすが死者の逝く寺、生きてる私にはしんどい。
やっとの思いで辿りついた本堂。

20071101170334.jpg


靴を脱いで上がるのだがへたりこんで脱いでいると・・

20071101170317.jpg

(岩肌に白く見えるのは一円玉)
横で靴を脱いでいたこの子。
菅笠・白衣・金剛杖・頭陀袋・納札入・お賽銭袋。
私より完全なお遍路スタイル。
6才だと云う。
素足だったが甲がぷっくりと赤ちゃんっぽい足。
これまたちいさな手で足についた砂を払っている。
「あの石段上ったの?」
と聞くとこっくり頷いた。

 幼子の はだしになれば 足えくぼ

            縫い上げされし 白衣着ており 


20071101170301.jpg


じいちゃんばあちゃんに連れられてのお遍路さん。
年端もいかない子を相手に
「石段上がれたのもおかげや・・・」
「ありがたやありがたや~感謝せな・・・」
じいちゃんとばあちゃんがくどくどとちぃさい声で言うのに

「僕は誰にも迷惑かけてないやろ!
一人で上がったし・・何もお願いしてないし・・
おかげ・おかげ云うても僕はなんにも貰うてないし・・
感謝なんかせんわいっ!」

小気味よく叫んだと思ったら金剛杖を小脇に抱えて勢いよく石段を駆け下り始めた。
じいちゃんはあわてて後を追っかけ、ばあちゃんはしきりに周囲の人にペコペコ頭を下げた。

「いやぁ!一番悟ってるかも (しっかりしたこと云うなぁ)・・・」
私は小声で呟きながらあの可愛い足を思い出して頬が緩んだ。

20071101170352.jpg

大師が刻んだといわれる磨崖仏。
後日聞いたが[ 遍路泣かせ ]と云われる霊場だとか・・・

足えくぼ

  1. 2007/11/02(金) 06:58:17 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
とは可愛いですねぇ。でもそんな小さい子とおじいちゃん、おばあちゃんがどんな事情で遍路しておられるのでしょう。
このお寺は何だか凄いですね。いわくありげな茶店もお地蔵様も、梵鐘も不思議な世界に引き込まれそうです。

Ivoryboatさま

  1. 2007/11/02(金) 11:42:52 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
多分 この子は訳わからず連れて来られてると思いました。
でも71番巡礼してきたのはえらいと思います。
本当に大師堂までの遍路道は幽玄と云うより薄気味悪い道でした。
だらだらの坂・石段が240段もあって・・ここまで来て亡くなった方が多かったようです。
無縁仏がたくさんありました。

No title

  1. 2007/11/02(金) 22:44:42 |
  2. URL |
  3. ひろぽん
  4. [ 編集 ]
子供はね、正直なこと言うよね(^-^;

テンプレ、♪⇒落ち葉になっていましたね。
さすがっ!

うん。子供は邪心が無いからね

  1. 2007/11/03(土) 13:29:52 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
瞳も綺麗だし心も綺麗!

Mが云ってた。
相当 面倒だったって・・・
銀杏の落ち葉で良かったわ。
実だったら・・・?

No title

  1. 2007/11/04(日) 07:42:08 |
  2. URL |
  3. 水戸小紋
  4. [ 編集 ]
 いけすかん☆☆ いえ々立派なお子様です。こんぴらでも 幼稚園みたいなのがのぼってました。この辺で動物園に遠足に行く感覚でのぼるのでしょう。末はオリンピックランナーか?
 75番善通寺でも 現代の五百羅漢みました。

善通寺も

  1. 2007/11/04(日) 15:40:53 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
石手寺と同じで観光化されてますね。
「世界遺産」にとの動きがあるらしいのですが・・・あまり観光地として扱いを受けるのもどうか・・と思うのは私だけでしょうか!?

No title

  1. 2007/11/05(月) 00:22:22 |
  2. URL |
  3. 君平
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
五重塔というのは滅多にないものと子供の頃に思っていたのですが、大人になって色々な場所にいくと、結構あって、びっくりしたことがあります。
日本人ってどうして池などがあると、お金を入れたくなるんでしょうね(笑

四国霊場の中には

  1. 2007/11/05(月) 08:47:29 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
他にも五重塔はたくさんあります。
近年に作られた物も・・・
本山寺のは(重文)になっています。
水だけでなく岩の凹みとかお地蔵さんの手の上、頭の上至る所にお賽銭が上げてあります。
ほとんど一円玉ですけど・・・

No title

  1. 2007/11/05(月) 13:30:42 |
  2. URL |
  3. 水戸小紋
  4. [ 編集 ]
外国のお寺は はいかん料て いるのかしら。お志とか・・・・
きになってきました。

四国霊場では

  1. 2007/11/05(月) 14:34:59 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
お経を上げると納経料を300円納めてサイン(領収)を頂きます。
後お軸と白衣に納経を頂くと計千円いります。
お寺によっては鐘を撞くのにお志を包む場合も・・・
半分位のお寺が駐車料をとります。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。