• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お湯の出口・・

  1. 2007/03/23(金) 15:02:56|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
私は お恥ずかしい話だが別府を離れるまでお風呂を沸かすと云う事を知らなかった。
朝 起きれば寝間着のまま温泉に入り着替え、夜寝る前温泉に入って寝間着に着替える。
46時中 温泉は源泉かけ流し。

別府音頭に唄われているように    
     別府 湯の町湯川に湯滝
      一夜千両のお湯が沸く

湧出量が豊富で至る所に温泉が流れている。
炊事場にも温泉を引いていて飲み水以外は温泉でまかなっていた。
洗濯もお湯の流れる川でする。

1年ほど都会の親戚んちでパラサイトしてたけど銭湯だったし・・
初めて銭湯に行った時も寝間着を持って行って笑われた。

結婚して初めて沸かし風呂に入った。
お湯を使って減ったのにいっこうにお湯が出て来ない。
しばらくあちらこちら捜すが・・お湯の出そうな場所がない。
主人を呼んだ。

「お湯の出口どこ?」

無尽蔵な温泉や銭湯しか知らない私の出た後のお風呂は3分の1位しかお湯が残ってなかった。

義母に
「汲み出すお湯は洗面器3杯で・・・
後何人もの人が入るんやから・・」

と云われ その一つの溜めたお風呂に家族(7人)以外にも“もらい湯”と12・3人が入浴すると聞いて驚いた。
“もらい湯”もお風呂を出た後 お風呂に蓋をする事さえも知らなかった。

カルチャーショック!?

義母が
「お湯を使い過ぎるので 終い湯に入んなはい」

それこそ半分くらいしかなく、ぬるい汚い?お風呂。
いままではざぁーざぁー溢れるお風呂にしか入った事のない私。
 入れるか 

なんだかんだ口実をつけて私は銭湯通いをした。
「内湯があるのに・・」
当時 町中で内湯があるのはまだ珍しく普通よりは大きな浴槽が自慢だったらしく非難を浴びた。

でも・・でも 3杯のお湯(使い過ぎを戒める例えだったようだが)では済まないし、終い湯にはどうしても入れない。

現在は二人になってパジャマで朝風呂に直行。
いろんな入浴剤を入れて湯船一杯湯を張っての~んびり入浴する。
ーあ~ぁ生きてて良かったぁー

私の唯一最高の贅沢である。

何て贅沢な

  1. 2007/03/24(土) 10:11:47 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
源泉かけ流し、全て温泉でなんてうらやましい。テレビなどで湯の町の人たちのそういう暮らしぶりを見ることがありますが、Bakoさんもその恩恵を受けていらしたんですね。老後に温泉地に移住したくなりました。

別府は温泉の湧出量

  1. 2007/03/24(土) 13:32:51 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
日本一だそうです。
私も事情が許せば「鉄輪」で暮らしたいと思いますが・・
母と同じく夢で終わるでしょう。
「ふるさとは遠きにありて思うもの」
お母様のお好きな“室生犀星”の心境です。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。