• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかして・・・

  1. 2007/03/10(土) 15:29:14|
  2. ■思い出の糸をつむいで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
その頃、私は“鉄輪の海地獄”周辺に住んでいた。
海地獄には千住さんの別荘があった。
海地獄のオーナーかどうかは定かではではないがみんなは
『海地獄の千住さん』と呼んでいた。
千住さんは東京在住で年に数回来ていたようだ。
千住さんのお嬢さんは私より二つか三つ上だったが、私達とは服装も言葉も違いずいぶんとおねえさんに見えた。
子供心に自分とは違う世界の人だと感じていた。
お嬢さんとたまに会う事は有っても話をした事も無かった。

テレビもない当時の東京は今のアメリカより遠い存在だった。

ある夏の夕方“海地獄”の前を通りかかると 二人のお姉さんが広場の鉄棒の前にいた。
一人は千住さんのお嬢さんだった。
うつむいていつものように黙って通り過ぎようとしたら ふいにお嬢さんが
「おひさしぶり 私の東京のご学友 ショウダミチコ さま。
こちら ご近所の方」
(そう お嬢さんは私の名前を知らない。
私も千住さんのお嬢さんとしか知らない)

とっさの事にどぎまぎしながら顔を上げた。
お相手のお友達は優しく微笑んで頷いた。
色の白いおとなしそうな綺麗なお姉さんだった。
私は戸惑いながらも何か云わなければ・・
口から出たのは ぶっきらぼうに 
「さいなら」
すると
「ごきげんよう!」
と小首を傾げてミチコさんが云った。
田舎者の私は
(はぁ~?)
と思いつつ帰った。

(東京サの人はみんなへんな名前・・
友達にもさまつけるんだ・・)
近所には東京の箙(えびら)さんの別荘もあったし千住さんも珍しかったし ショウダ さんも字が分からなかった。

お嬢さんと言葉を交わしたのは後にも先にもこれ一回である。
故に鮮烈な印象として記憶に残った。

歳月が流れ
『ショウダミチコさま』
『ショウダミチコさま』

ちまたに流れるこの名前・・・
どこかで聞いた名前だなぁ・・・!?

喫茶店のテレビでパレードの様子を見てはっと鮮明に思い出した。
(家にテレビはまだ無かった)
あの時の千住さんのお嬢さんのご学友だ。

「千住さんってお友達おられましたか?」
「別府の海地獄に遊びにいらっしゃいましたか?」

聞くすべは無い。
しかし あの日のあの方は『美智子さま』に間違い無かったと私は確信している。

美智子さま 一日も早くお元気になられますよう陰ながらお祈りしています。

凄いニアミス!

  1. 2007/03/11(日) 12:28:54 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
きっと間違いないですね。凄いですねぇ。そう言えば私は大阪万博でガールスカウト大会に参加したのですが、その際に美智子さまの声を聞くことができました.
残念ながら遠すぎて顔までははっきりと見えませんでした。有名人とのニアミス、東京にいると結構ありますが、私は目と間が悪くていつも後ろ姿ばかり。思い出すだけでも、東山紀之、南野陽子、早見優、周防監督・・・。すれ違ったり目の前を横切ったりしたのに。顔を見ることができたのは、東儀さん、モーリスベジャール、水野英子くらいかしら。あ、熊川哲也はトークショウに行ったんでした。友人のお母さんが抽選に当たってテレカをもらったのですがそれを私が貰い受けました。彼と握手した手も握らせて貰いました。結構ミーハーしております。

Ivoryboatさま

  1. 2007/03/12(月) 14:21:59 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
さすが東京ですね!!
今でも私にとって東京は遠~い。
ある意味 憧れの大都会です。
私は自他とも認めるミーハーです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。