• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の誕生日

  1. 2012/01/08(日) 00:00:00|
  2. ■夜桜一家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
 粉雪の舞いて 凍てし日

         生まれきて四十路の坂をたくましく越ゆ
 

予定日より早く前置胎盤の為 帝王切開で産声をあげる事なく仮死状態で産まれた娘。
紫色の小さい赤ん坊を見せられ、諦めかけた時 娘は蘇生した。
ちぃさな泣き声をあげたそうだ。

私は術後 5日目に初めて我が子に対面しこの手に抱いた。
カツヨ(浜の町)ばあちゃんが
ー男・女どっちでも良いようにー
と縫ってくれた黄色い綿入れに埋まっていた。
どこに手足があるのか か細くちぃさな我が子。
髪の毛も生えていない。
「あなたが剃ったの?」
私の手術前剃刀をあてた看護婦さんに思わず聞いた。

姑は我が子を6人産んだが
「日守(一日中子守)さんと女子衆(女中)が世話をして授乳以外は抱いた事もない」
と豪語し徹底した子供嫌いな人で 産まれる前から
「赤ん坊の守はしないから・・預からんけん
面倒かけないでくれ」
引導を渡されていた。

産まれてからは
「昔は魚の子が好きだったが今は魚の子もメリケン粉でも“コ”とつく物は嫌いになった」
とはっきり云って孫を抱く事さえ拒んだ。
あまりにちぃさく抱き馴れない姑は抱くのがこわかったのかも知れない。

同居していたカツヨばあちゃんが殊の外 曾孫を可愛いがり面倒をみてくれた。
自分の浴衣を解いて何枚ものおしめも縫って呉れた。
だから黒っぽい地味なおしめが多かった。

Miyaちゃんが白地にパステルカラーの水玉が付いた既製品のおしめを贈ってくれて これは外出用に重宝した。

Mと名付けられた娘は なかなかお乳を飲んでくれずやっと飲んだと思うと噴水のように吐いては火の付いたように泣くのである。
その度にカツヨばあちゃんが飛んで来て 綿入れに針が入っていたのでは・・・と脱がしては調べた。

その挙げ句『栄養失調』
何万人に一人母乳の適合しない乳児がいるとか・・・

『股関節脱臼』→歩けるようにはなるが転倒が多く普通に走れるかどうかは疑問。
とりあえずギブスをするという。
このか細い足にギブス!?
先生が石膏の準備をしている隙をねらって私は 裸のままのMをしっかり抱き窓から飛び降りて下の植木もろとも診察代を踏み倒して病院のスリッパのまま逃げ帰った。
後日 今治に名医がいると聞き連れて行ってギブスする事なく小5でリレーの選手・剣道3段でインターハイ出場までしている。

『先天性弱視』→二十歳までには失明・治療法・薬なし
見えるうちにとにかくいろんな所に連れて行った。
絵が好きでなんでもどこでも絵を描く。
この子なりに心の印画紙に焼き付けているのだろうと不憫に思ったものである。
が しかし現在に至るまでしっかり見えている。
ーカツヨばあちゃんがまぶってくれたのだろうー

誤診・・・いや 奇跡が起きたか?・自然治癒力か?・・

それ以来 私の医者=病院不信が始まった。

何はともあれ 無事で 大きく 育ったMちゃん

   おめでとう 




ありがと!

  1. 2007/02/08(木) 09:11:04 |
  2. URL |
  3. M@wing2
  4. [ 編集 ]
いや~見事かぶったね!
今朝、BossがBakoのブログを見て「同じや~」とニヤリ。
当然と言っちゃあ当然なんですが!

今年は雪・・・降らなかったね。

おめでとうございます

  1. 2007/02/08(木) 09:34:28 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
貴重な命ですね。
病院から逃げ出すなんて私にできたかしら。お医者さんの言うままになりそうです。
でも何て元気に立派に育たれたことか。本当にどのお子さんにも歴史ありですね。
 私は安産でしたが、そう言えば切迫流産のおそれもあったし、産まれた直後は黄疸だの斜頸だの心配が絶えませんでした。それが今では病院とは全く無縁に育ってくれた。贅沢は言えませんね。
 そうそう母の古いノートが出てきてまた少し短歌のストックが増えました。でも2000年頃の歌は子供が巣立った寂しさや、病気の父のことを歌っていて悲しくなる物もありました。嬉しい発見はつい先頃Bakoさんが投稿された種間寺を詠んだ歌です。季節はツルボの花の咲く頃なので当分アップしませんが、ここに書いておきますね。私の両親もお四国参りをしたのでその様子を歌った歌もみつかりました。それはそのうちに。
「納経の夫を待ちゐる種間寺の石段の辺につるぼ花咲く」 (1988年作)

  1. 2007/02/08(木) 14:43:54 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
M@wing2ちゃん
夕べはちぃさは可愛いMちゃんを抱いている夢をみたよ。
あれから長い年月が過ぎ孫達も大きくなって私もひょっとしたら曾孫が抱けるかも・・・思ってる。

Ivoryboat さま
40数年前とは治療法もかわっているのでしょうね。
∩こんなギブスしている赤ちゃん見かけません。
でも・・・?気になります
 

すみません、↑追加しときました

  1. 2007/02/08(木) 19:19:19 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
入力注に誰かが話しかけてきたのでそのまま送信したみたいです。

  1. 2007/02/09(金) 14:51:28 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
つるぼの咲く頃ー夏でしょうか・・
いつもお父様を待っていますね。
うちでは納経は私がします。
納札は主人。
子供が巣立って嬉しくもあり一安心の後の寂寥感。
多分 共有出来る心情のお歌が多いのではないでしょうか・・
UP待ってます。

言われて気が付きました

  1. 2007/02/09(金) 21:16:46 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
本当ですね。いつも待ってますね。父は納経とかおみくじとか儀式ばったことが好きで、母は景色や人を見るのが好きな人です。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2007/02/09(金) 21:37:50 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ー☆☆ーさま

  1. 2007/02/10(土) 01:46:16 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
どうぞ!どうぞ!
おおっぴらに大手を振っていらして下さいませ。
と云いましても入ったらすぐ裏口になりますので小またのすり足でお願いします。
今後とも ヨロシクです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。