• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36番札所~37番札所

  1. 2007/02/12(月) 15:27:10|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
独鈷山青龍寺どっこうざんせいりゅうじ

上を見て驚いた。
頂上が見えない程の細い急な石段が山中にのびている。
その数200段。
石段の途中に裸の人影数人。
(なんでぇ~?)
(なぁ~なぁ~なにしよん?)
晩秋の夕暮れ決して暑くはない。
肌寒いくらいである。

不審に思いながら上がって行くと石段の脇に瀧が有った。
瀧に打たれていたのだ。

20070205154548.jpg


 老父母と 水垢離をとる若者を

          不動の瀧は容赦なく打つ
  

若者の口から
「温泉なら ええがに ・・・」
と聞こえた(うっ!南予の人か・・・)
思わず「どちらから?」
「愛媛です」(やっぱり~)
赤くなった肌からは湯気が立っていた。
白髪の母親らしき人はぴったり張り付いた白衣を脱ぎながら
「毎月きよるがです」

衆人の登り降りする石段の端である。
遮るものは何もない。
ー私には出来ないな・・修行が足りませぬー

20070205154616.jpg


20070205154517.jpg


途中一休みして登って来た石段をー

空海が中国から
「聖地にとどまり給え」
と念じ独鈷杵(護身・供養の法具)を投げた。
その独鈷杵がこの山の松の木に引っかかったのだそうだ。

20070205154644.jpg


『三十三観音』
カラフルな布が巻き付けてあり暖かみを感じる。

20070205165447.jpg


『波切不動明王』
船に関しては霊験あらたかで多大なご利益を施されているとかー


藤井山岩本寺ふじいさんいわもとじ

5時10分前到着。
先に納経。
納経所の方に
「珍しい仏様ですね。
なんて云う仏像ですか?」
きれいな栞ですねーと褒められて・・・
「東大寺灯籠:音聲菩薩 」
とっさに出ないのである。
「ええっ~と。京都じゃなくて奈良のぉ・ほらっ・・奈良にあるでしょ?お寺のぉ・・菩薩さまっ!(娘よゴメン!!)」
「はぁ~!?」

20070205172602.jpg


時間厳守のお寺さんはすでに本堂の灯りは消されていた。
暗闇の中 フラッシュ頼りに撮影。

20070205154805.jpg

20070205154740.jpg


この575枚の内陣格天井絵は仏画や花に混じってモンローなど面白い絵があるーと聞いていたがなにさま真っ暗で分からなかった。

今回はここで打ち止めと山門を出ると

20070205154823.jpg


 暮れなずむ 寺の石段座り込み

         なみだ声にて「会いたい」と云う
 

どう見ても学生でしょ?学校は?(今日は水曜日)
時間が時間なので巡礼バスも無く 駐車場には私達の車だけ・・
連れは・・?この子ひとり・・?
登校拒否とかヒッキーがお遍路さんにでるって聞いたけど・・
杖・笠・輪袈裟、白衣こそ着てないが装備を見る限り歩き遍路。
首から大きなキティーちゃんの袋をぶら下げている。
今夜はここの宿坊に泊まるのだろうか・・
「会いたいよぉ」「帰りたいよぉ」
携帯でしきりに訴えていた。

晩秋の土佐路を走り抜けた二日間。

 走行距離 625km 
 総費用 ¥38,518-

 様々な 人間模様かいま見て

         楽しみ巡る 我のしあわせ
 

20070211115718.jpg


今回ゲットした銀札(25回以上)金札(50回以上)

結願までに錦札(100回以上)に巡り会える事を祈りつつ・・・

今後はリアルタイムでUPします。


錦札まで

  1. 2007/02/12(月) 20:19:13 |
  2. URL |
  3. ひろぽん
  4. [ 編集 ]
あと何回ですか??
「空海」と見て、(゚0゚;ハッと思い出したことがあります。
私の名前の由来を・・・・
空海って弘法大師さまですよね!
ちょうど、弘法の日に生まれたのでそこから一字頂いたって
小さい頃に聞きました。
有難いお名前のはずがね(-_-;)

銀札ゲットおめでとうございます

  1. 2007/02/12(月) 22:25:31 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
それにしてもお寺も特徴が色々ありますね。独鈷寺の急な石段私には登れそうもないです。まわる方々の境遇も色々。お歌のように、ご夫婦で楽しみながらまわれるbakoさんたちは幸せですね。

  1. 2007/02/12(月) 23:54:04 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
ひろぽんさま
えっ?
6月15日 お誕生日?
私とおんなじ?
私の親友にやはり6月15日産まれで“弘子さん”っていますが・・(四国の人です)
お生まれはどちらでしょう~

Ivoryboatさま
金札も頂いたんですよ。
私よりうんとお若いのに・・大丈夫・・歩けるもんです~上れるもんです。
お大師さんが一緒ですもの。
(信者ではないけどお寺さんってそんな雰囲気ありますよね)
あら!釈迦に説法でしたか(笑)
次回は順調にいけば「明石さん」にお参り出来ます。
なにか お母様のご希望の事はございませんか?
思い出のよすがになりますものでもあれば・・・

  1. 2007/02/13(火) 16:52:04 |
  2. URL |
  3. ひろぽん
  4. [ 編集 ]
私はね、7月21日生まれです。
生まれは、北海道の離島出身です(^-^;
やはり「弘」の文字は、ついていますが・・・

御入定の日ですね。

  1. 2007/02/13(火) 17:23:36 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
私は誕生の日・・・
ひろぽんさまは御入定の日。
わぁ~~弘法さまと一緒。
北海道で(同行二人)ですか・・
四国ならいざ知らず北国で・・・
親御さんが御信心な方だったのですね。
これもなにかのご縁でしょう。

ありがとうございます

  1. 2007/02/14(水) 09:45:04 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
母も喜んでいました。どうぞ明石寺をじっくり見てきて下さい。
大きな銀杏の木もおみくじ売り場も拝殿も母には懐かしい者ばかりです。
母の短歌はおおかたがこのお寺の境内の景色、池や木々、鳥を詠んでいます。
私も盆踊りを踊った広場や裏山道何もかもが懐かしい風景です。
Bakoさん、Jikoさんにも見て頂ければ嬉しいです。
金札も写っていましたね。失礼しました。錦札というのもあるのですね。

故郷は遠きにありて思うもの

  1. 2007/02/15(木) 17:46:09 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
お母様のお好きな室生犀星の詩の心境でしょうか・・
そう言えば犀星もお寺さんゆかりの方ですよね(たしか?)

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。