• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第34番札所~第35番札所

  1. 2007/01/28(日) 12:38:04|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
本尾山種間寺もとおざんたねまじ

山寺の多い高知で唯一平地にある寺。
田園風景の中 市街地にある故か境内に入ると

『鐘は撞かれません。
静かにお参りして下さい』


と書いてある。
木魚も遠慮してぼそぼそ読経していると朗々と張りの有る声が

 凛とした 読経の声に振り向けば

          若き尼僧の綸子の作務衣
  

白い綸子の作務衣の上に墨染めの衣。
頭巾も被らずスニーカーを履いて潔い身のこなしで衣を翻して去って行った。

20070123162211.jpg

『安産祈願』
赤ちゃんを抱いた観音像。
底の抜けた柄杓が奉納されている。
[ ー通りがいいようにー ]

20070123162237.jpg


土佐の大師像は躍動感のあるものが多い。
修行中と云うことか・はたまた険しい山道が多いからか・・

20070123162302.jpg


それとお寺に何故か狸を置いてある。


医王山清滝寺いおうざんきよたきじ

土佐一の難所だが 焼山寺 に比べれば大した事はない。
細い急な山道を右に左に揺られながら慎重に走る。

 晩秋の難路を行けば同行と

        金剛杖のチリゝと鳴れり
 

20070123170446.jpg


山門に描かれた龍(久保南窓作)はどこから見ても目が合い睨まれている。
『流汗坂』と呼ばれる細い急坂の参道。
参道の両側の竹林から深い木立にかわり海抜400mの場所にある閑静な山寺。

20070123170509.jpg



20070123170603.jpg


15mの薬師如来が鎮座。
胎内くぐり戒檀巡りをして厄除け祈願するそうだ。

平地だから鐘は衝けないのですか

  1. 2007/01/30(火) 13:33:49 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
住宅地に迷惑なのかしら。
御大師さまはなるほど動きがありますね。
お遍路の楽しみ方のひとつかもしれませんね。色々と気がつかれることが多いでしょう?
どこから見ても目が合う龍なんて名匠の作ですか?

これまでで2寺鐘の撞けないお寺が

  1. 2007/01/30(火) 15:51:13 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
ありました。
国分寺の電動鐘と種間寺。
のべつ幕なし鐘の音がしたらご近所さんには迷惑なのでしょう。
赤ちゃんが眠っていたり病で伏せってる方がいるかもしれませんし・・・

そうですね!
お遍路していると普段なら見過ごすような発見が数々あり楽しみながら勉強しています。

今晩は!

  1. 2007/01/31(水) 23:51:15 |
  2. URL |
  3. fujitaka_1
  4. [ 編集 ]
今晩は、私のブログへの書き込みありがとうございました。
確かに高知の霊場は山寺が多いですね。
一つ一つの霊場を丁寧に回られている様子がわかります。
今後ともいろいろと参考にさせていただきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

fujitaka_1さま

  1. 2007/02/02(金) 14:12:04 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
よくいらっしゃいました。
同じような目線の写真がありうれしくなりました。
ぼちぼちの~んびり廻りますので・・・・
逆打ちだったらほんとどっかでひょっこりなんてあるかもしれませんね。
今後も情報よろしくお願いします。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。