• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32番札所~第33番札所

  1. 2007/01/10(水) 15:00:39|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
八葉山禅師峰寺はちようざんぜんじぶじ

風情ある急坂の石段を登り山門にたどり着くと奇怪な岩石の数々が目に飛び込んでくる。

20070110145032.jpg


幽寂な雰囲気をかもしだしている。

20070110145526.jpg


 岩陰に ひっそりおわす地蔵様

              経の衣に 包まれており
 

赤いよだれかけが普通なのに[ 般若心経 ]を身にまとっていた。

20070110145553.jpg


ご本尊は別名“船霊観音”
境内から一望出来る土佐湾。
桂浜まで見渡せる海岸沿いにびっしりたつビニールハウス。
ーふたばこさんちのハウスもあるのかなー

20070110153536.jpg


駐車場にある『十一面観音』
後ろに笑顔があると云われたが見えなかった。


高福山雪蹊寺こうふくざんせっけいじ


20070110155600.jpg


 うつむきて 蹌踉けし妻はおさげ髪

             経読む声の 途絶え嗚咽す
  

三つ編みにした髪。
どう見ても二十歳そこそこ・・・ひょっとしたら10代かも
まだ幼い顔である。
青ざめた顔で見るからに疲れ果てている様子。
歩き遍路なのだろう二人とも大きなリュックを背負っていた。
会話も無く荷物を置くとやっとと云う風情で本堂の前。
経本をたどたどしくちぃさな声でよんでいたが・・・涙声になり激しく泣きじゃくった。
この若い夫婦にどんな辛い事が有ったのかー

この後 例の 老武蔵 に遭遇。

撤退したのでここでの写真は3枚しか無い。




胸を衝かれますね

  1. 2007/01/11(木) 00:34:07 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
海が見えるんですね。気持ちがよさそうです。
急な石段をよく登られますね。私にはとてもできないかも。
それにしてもお下げが身の女性、どんな辛いことがあったんでしょう。
若くして遍路に出るというのはなかなか重たいですね。

高知は山国ですので

  1. 2007/01/11(木) 01:45:42 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
急坂が多いんですね。
マイペースで登ります。
私の想像ですが若いお母さんが何かの不注意で赤ちゃんを亡くしたのではないでしょうか・・・
そんな感じを受けました。
いろんな人生を背負って皆さんお大師さまに縋るのでしょうね。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。