• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍河洞

  1. 2006/12/22(金) 23:17:09|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
大日寺の後 香美の龍河洞へ
龍河洞・秋吉洞・龍泉洞・三大鍾乳洞の一つ。

20061221131251.jpg

長いエスかレターに乗り洞の入り口へ

20061221131315.jpg


入場料千円を払い洞内へ

20061221131338.jpg


中腰で水の流れる洞内を進むのは結構辛い。

20061221131432.jpg


rg10.jpg

『音無しの瀧』

09tama.jpg

『玉すだれの瀧』

凄ぉ~~い

想像を遙かに超えた。
1kmのルートの要所要所にガイド(解説者兼見張り?)がいて懐中電灯 片手に説明をしながら次のポイントまで同行してとリレー式に案内してくれる。
前か後ろか人声が洞内に木霊してなにかおどろおどろして
“横溝正史”の世界を思い出し
「恐くないですか・・」
すべて女性のガイドさん
「たまに変なお客さんがいて・・生きている人間が一番こわいです!」

悠久幾億年の秘境に時の流れは止まり照らし出される光景に息をのむばかり。

時には体を横にななめに地を這うかと思えば濡れた急坂を登り降りもう充分 千円の元はとったと思っていると
「今600m付近です。
まだまだ見所は随所あります。
ゆっくり頑張りましょう」

20061221142317.jpg

とにかく一休み。

20061222165652.jpg

石筍を触れないように金網が張り巡らされ居る

出口近くには二千年前穴住民族の遺跡がある。
火を焚いた跡や生活の道具。
『史跡・天然記念物』二重指定を受けている所以。

14kami.jpg

『神の壺』

しっかり鍾乳石に抱かれている。
「多分 恐竜のいた時代です」
とガイドさん。
この最後のガイドさんとは話がはずみ出口を目前に延々と話した。

ー子供の教育についてー
子供・子供と云うけれど子供が悪いんじゃない。
無垢で生まれた子供をまともに育てられない親が悪い。
善悪をちゃんと教えない大人が悪い。
家庭環境・家庭教育が出来てれば子供はまっすぐ育つ。

恐竜の話から何故かその日にあった少年の事件の話になり以上の結論が出てやっと地上の人となる。

20061221132158.jpg


駐車場の電話ボックスを見つけ
「あっ!Bossとたー子や」
ジコが云った。

恐竜の居た頃とは

  1. 2006/12/24(日) 01:14:50 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
気の遠くなるような長い時間ですね。
鍾乳洞、とても神秘的で美しいですね。
私は夜目が余り利かないのと閉所が苦手なので洞窟系は敬遠しがちです。
竜河洞は田舎でもよく耳にしましたが行かず仕舞いで残念です。
それにしても神の壺、いいですねぇ。
 ところでお地蔵さんのタオルをアップしましたご覧くださいね。

地下の1kmは長いです

  1. 2006/12/24(日) 14:10:31 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
全長4km他のルートもあるようですよ。
お寺の石段で馴れてるはずなのに細い急勾配の鉄階段はほんとうにしんどかったです。
でも自然の神秘に圧倒され感嘆詞しか出ない見事さでした。
機会があれば是非是非いらしてください。
価値観代わること必至です。

 管理者にだけ表示を許可する
 

-

  1. 2007/09/29(土) 18:50:32 |
管理人の承認後に表示されます


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。