• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26番札所~第27番札所

  1. 2006/12/15(金) 13:42:37|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
龍頭山金剛頂寺りゅうずざんこんごうちょうじ

11月の秋空のもと 室戸に向けて289km5時間かけて走る。
厄坂がしっとり落ち着いた境内へと延びる。

 いとし孫 室戸の寺の厄坂に

         十九の厄を落としゆくなり
 

20061215132826.jpg


一円玉を一段ずつ読経しながらおいて上がる。

本堂の地下に展示室があると云うので降りていくと暗闇のなか音もなくドアが開き真っ暗の空間が口を開けた。
『ぎゃっ
「義経の八艘とび」もかくやの如く私は見事に横っ飛びに跳んだ。
自動ドアだったのだ(お寺の地下室だよ

20061215133807.jpg


スィッチの在処がわからず盲滅法シャッターを押した。
(自動ドアがあるなら自動で点灯してや)
両壁面にびっしり並ぶ仏像。

20061215134830.jpg


『一粒万倍の釜』

20061215135259.jpg

弘法大師が3合3勺の米を入れて炊いたら万倍に増えたとか・・・

20061215135315.jpg

ちょっと失礼して覗いてみたら朽ち果て底には大きな穴が開いていた。


竹林寺神峯寺ちくりんじこうのみねじ


 秋深し 太平洋の荒風に

         パンパースの穂 揺れに揺れおり
  

山頂まで舗装はされているが4kmの急坂。
身障者はお寺の許可を貰えば車の乗り入れが出来るらしいが大勢の人とマイペースでゆっくり休みながら上る。
途中[ 高野山 ]とフロントに張り紙した黒塗りのハイヤーが人波を縫って急カーブを切り替え切り替え上っていった。

仁王門から本堂まで150段。
20061215143204.jpg

石段の両脇は綺麗に手入れされた日本庭園が疲れを癒してくれる。
あまりの見事さに植木の上の落ち葉を拾い出す主人。
落ち葉が動いたと思ったら蜥蜴だった・・・と

20061215143231.jpg

本堂と大師堂の間にある『不動明王』
妙にリアルで人間っぽいお不動さん。

お孫さんとお参りですか

  1. 2006/12/17(日) 20:55:07 |
  2. URL |
  3. Ivoryboat
  4. [ 編集 ]
厄落としは大事ですね。これからの若い人ですもの。
ところでパンパスがこの辺にもあるとは驚きました。
生け花で時々使いますが輸入物だと思っていました。
それに不動明王さん、本当に妙にリアルですね。

パンパスは宮崎の

  1. 2006/12/18(月) 02:25:16 |
  2. URL |
  3. Bako
  4. [ 編集 ]
県花で日南海岸に群生しています。
パンパスパトロールが廻っているんですよ。
室戸の海岸線にもたくさん生えていました。
南国ムード満点で宮崎を思い出しました。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。