桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓鍛練法

  1. 2009/08/28(金) 12:27:49|
  2. ■夜桜一家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
この家のまわりには、首輪のない野良とも飼い猫とも?言えない猫が5・6匹いる。
家の干場から見える裏のアパート・その2階の窓からいつも出入りしているので飼い猫かなぁ!
その中の一匹にアビシニアンとミックスと思われるスタイルの良い猫がいるのだが、全然人怖じせず黙って、足音も立てず家に自由に出入りする。
私がPCしている横を通って、フランスパンを持って行った。
それもバケット丸のまま一本。(食パンと一緒に置いて有るのに)
狙うのは、いつもフランスパン!
2度ほどは、咥えているのをJIKOが見つけて、取り返した。
「お前は、猫の番も出来んのか!」
一度などはベットに寝ていて私も猫も”ぎゃっ!”
元来、私は猫好きだ。この家を見に来た時も、2匹の猫がフェンスの上で昼寝していて、隣に可愛いおさなごが居たのも、この家を気に入った要因の一つであった。
が―そんな猫との攻防を繰り返していた、或る夜!
夕食を済ませ、何かの気配に玄関を見ると・・・白っぽいものがうごめいている。
「あら!今度は犬が入ってきたで」なんの疑いもなくそう思った。
尻尾の毛がゆさゆさ揺れている。
「大きな犬や~」
(さすが住宅地や。犬まで入ってきよる!)
玄関に行き、電気を付けると上がり框にぴーちゃんが髪を振り乱してのた打ち回っている。
「あれ!ぴーちゃん、どしたん?具合でも悪いん?」
普通に聞いた。
「クッ・・・クッ・・・クッ・・・ママ~失敗や!クッ・・・クッ・・・」
笑いをこらえながらぴーちゃんが、言うとドアを開けて大笑いしながらMが入って来た。
私は訳が分からずポカ~ン!

「いくらなんでも犬がカギ開けて入る?」
私はJIKOが施錠したのを知らなかったのだ。
知っていれば何か・・・と思った時点で大声を上げていただろう!

Mとぴーちゃんは、いつもは開けっ放しの玄関が施錠されていたので、いつものいたずら癖が出た二人、私をびびらせ驚かそうと―
先ず、合鍵で音のしないようにドアを開けた。
ぴーちゃんは都合よく白い服を着ていたので、私が気付いたところで、長い髪をばさっと顔にかぶがせて“リングの貞子風”に上がり框からはい上がる・・・と言う筋書きだった。
ところが、鍵が掛かっていたことも知らず、しょちゅう猫に侵略されている私は、大きな犬が迷い込んだとしか思わず普通に対応したのだ。

その後、ちゃんとチェーンすることを学習した。

その事件から1ヶ月後の夜!
裏口が“コン・コン”
「なんか音した?」敏感な私に「風やろう・・・」とJIKO。
“トン・トン”
「やっぱり、誰か裏口叩きよる?」きょろきょろする私に
「風でなんかが当たりよるんやろ。誰が今時分、裏口から来るか?」
その内“ドン・ドン”  “ドン・ドン” 
 “ドン・ドン”

確かに裏口のドアを叩いている。
「だ~れぇ?・・・だ~れ~?」
大きな声で私が聞くのに返事は無い!
JIKOは炊事場の窓から覗くが
「誰もおらんぞ!泥棒か?」
「泥棒やったらノックする訳ないやろ?まだ8時やし・・・でも、絶対誰かおる!」
入り口を間違えるにしては、表を通って裏へ回るんだからありえんし・・・かといって人目を忍んで逢いに来るような心当たりもないし・・・
「JIKO!はよ、行って見」
言いながら、その頃まだ立てなかった私は電話に、にじり寄って何かあったらBossに助けを呼ぼうと受話器を握りしめた。
バイクで1分・車で2分・ちゃりで3分の、いざという時すぐ間に合う距離である。
一方、JIKOは表を見たらフェンスは閉まっていると言うことは横のフェンスを乗り越えて入って来た?
風呂の窓から覗いてみると、確かに人影がふたつユノックスのタンクの陰に身を潜めている。
水でも掛けてやろうかと、おもったが(待てよ―見覚えのある人影)
表から出て近ずいてよくよく見ればMとぴーちゃん親子が大きな体をちぃさくして「クッ!クッ!クッ!」笑いながら隠れている。
「なんなら!おまえらは―」
JIKOと大笑いしながら部屋へはいって来たふたり。
「今後に備えてBakoの心臓を鍛えておいてあげようと思ってな」
「今日も失敗やな!ママ次の手を考えよう!」
可愛い顔をしてぴーちゃんがのたもうた!
「やめてくれ~!今夜でもう十分や!相当びびった!」

M家のみなさま!
もう、サプライズは結構でございます。
留守の間に、トイレの便座カバーを換えたり 、芳香剤を換えたり、花を飾ってくれたりのサプライズは嬉しいのですが、この手のいたずらはご勘弁を!
たまに人を食うこともありますが、いたって小心者です。
心臓麻痺起こしたらどうするんや!!


後日、Bossに
「あんたんとこの嫁と娘ろくなもんやないわ」
クレームをつけると
「Bakoんちの娘と孫やろう?!」
―たしかにぃ―









スポンサーサイト

カワイイだけじゃな~い!チビガキ!

  1. 2009/08/18(火) 16:33:27|
  2. ■アンビリバボーな面々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
私がお隣のチビふたりに初めて会ったのは、この家を見に来た日であった。
可愛らしく人怖じするふうもなく
「私はリン5歳、妹はルイ2歳、赤ちゃんはリョウくん。あなたのお名前は?」
ルイと言われた妹は
「ニチャイ!」と指を三本差し出した。
瞬間、思ったのは”ラ行”の好きな親なんや!
「リョウくんは男の子やな。私の名前と同じ・・・私もリョウや」
「ふーん!なんで見ないで男の子とわかるの?ねぇリョウちゃん!」
これが初対面で、その後私は体調が悪くめったに外に出ることもなく、たまにルイちゃんと「おはよう!」あいさつする程度でリンちゃんはこの春から幼稚園に入って、めったに顔をあわすことも無かった。
そんな訳 でリンちゃんは、お姉さんらしく、おとなしい可愛い子―のイメージ(大きな間違い!)しか無かった。

膝の方も、普通に歩行するにはなんの支障もなくなり、体調も除々によくなった先日、久しぶりに表で自転車で遊んでいる姉妹に会った。
二人とも真っ黒に日焼けして、ルイちゃんは、見るからにお姉ちゃんのお下がりと思える中途半端な丈のワンピ・リンちゃんは、可愛らしい涼しげなサンドレスを着ていた。
そのサンドレスの肩紐が外れていたので直して上げた瞬間・・・
自転車の前籠から取り出した3センチ幅のビニール紐を輪っかにした物で私の右手首をさっと縛って
「逮捕!」と叫んだ。
と同時にルイちゃんが、「タイホ!」と左手に猿のように黒いちぃさた手で体ごとしがみ付いた。
爪を立てて、巻き付いた黒い手は思いの他、痛く力強かった。
「あっ!待って!きいき悪いから・・・ほら(注射の跡の絆創膏)」
そんな事にはお構いなくリンちゃんは、ビニール紐を引っ張ったまま、自転車で
「逮捕!逮捕!逮捕しましたっ!」叫びながら走り出したのだ。
私は左手に真っ黒クロスケを引きずりながら、自転車に引っ張られ痛い足で駆け足にならざるをえない。
想定外の状況になった。
クロスケを突き放して転ばしてもいけないし、かと言って私が転んで膝でもつけば、又悪化するし
「やめてよ~!とめてよ~」
私はもはや必死である。
「もう悪いことしませんかぁ~!」
「しません!しません!かんにんして~~」
「マジでやめてぇ~!とめてぇ~!たすけて~え!
私が大声を上げる度に、(この際)チビガキどもは
「きゃっ!きゃっ!キャッ!キャッ!」大喜び!」
その間にもクロスケは、しがみ付き、どうかすると足まで絡めてこようとする。
とめてぇ~!たすけて~え!
冗談ではない悲鳴を上げる。
静かな住宅地。
私の声が聞こえないはずないのに、パパもママも・・・JIKOさえ出て来ない!
(後でJIKOをなじると「楽しく遊んでいる!」と思ってた―と)
しばらく引きずり廻されて―方向転換には一度自転車を降りて押して廻す。
この時とばかり
「あれぇ・・・なんやろ?なあ・・・なんやと思う?」
竹林の奥を覗くふりをした。
「なに?どこ?どこ?」
二人が2・3歩竹林の方へ向かった隙に、手首に食い込んだビニール紐を解いて逃げ出しやっとのおもいでフェンスの中に入った。
「まてぇー」
「マテェー」
追いかけて来たチビガキ二人。フェンスをよじ登り始めた。
「危ないじゃん!駄目!降りて!」
「駄目!危ない!降りなさい!」
私が金切り声を上げるのを尻目にリンちゃんは、するすると登りフェンスを越えて入って来た。
クロスケの方はワンピの裾をたくし上げ例のおむつ丸出しでよじ登ろうとしている。
フェンスを開けて入れてやるっきゃないしょ。
”逮捕””タイホ”はもうこりごりなので玄関に飛び込む。、追っかけてくる二人。
”ヤバッ“ (どうしよう!)
「ここにはこわーい鬼がおるんで」
咄嗟に玄関に飾ってあった”椎葉の夜神楽”の鬼の面を指差した。
そこはそれ子供のこと・・・後すざりしながらフェンス際まで行き二人して
お尻を向けて
「お尻ぺんぺん―あっかんべ~」
「オチリペンペン―アッカンペ~」
2度ほど繰り返して帰って行った。

あなどるなかれ!チビッ子!   おそるべし!チビガキ!

その夜は、足が痛くて弱った。
続きを読む

咲いた―向日葵

  1. 2009/08/15(土) 13:06:59|
  2. ■Jikoのガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
2,3日、真夏日が続いた。
末っ子孫のCyaoが帰って来るのを待っていたように向日葵が咲いた。
平成生まれのCyao来年成人式を迎える。
うちで一番、お泊りした可愛い可愛い孫である。
このひまわりのように、健やかに明るく大きく育った。
かお
Cyaoと

可愛い孫と向日葵の咲いたのと二重の喜びに”どろえびす”状態のJIKO!

ひまわり
ひまわり4


フェンスを超えて屋根の上まで伸びて花を咲かせた。

あっ!パンツが・・・!?

  1. 2009/08/08(土) 13:04:54|
  2. ■アンビリバボーな面々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
お隣のルイちゃんは、相当な泣き虫だ。
”からすの鳴かない日はあっても、ルイちゃんの泣かない日は無い”と言っても過言ではないだろう。
それも、はんぱねぇ泣き方で地団太を踏み、廊下を走り回り、カタコトで文句を怒鳴りながらエネルギッシュに泣く。
いったん泣き出すと、これがしっつっこい!ロングラン攻撃である。
ハーフマラソンは軽く普通で、フルマラソン・・・時にはトライアスロンも2度ほど・・・
普段、ママが大きな声で叱ったり、機嫌をとったりなだめたりしている様子もない。
「泣くだけ泣けば~好きなだけお泣き・・」状態かも―
トライアスロンの時はさすがに、優しいパパに裏庭に連れ出されて、叱られていた。
このパパはテレビ局のカメラマンだ。
で、ルイちゃんのいつでも「おはよう!」ご挨拶は業界用語!?

お隣とは干場・カーポート・お隣の横通路を隔てていて、ほとんど物音は聞こえない。
ルイちゃんのお神楽泣き以外は―
今年生まれたリョウくんの泣き声もたまに「あっ泣いてる」ってくらいで泣くのがお仕事のリョウくん、完全にルイちゃんに負けてる。
それでルイちゃんの泣き声がうるさい!のかって言うとさに非ず。
毎日、いつ泣きだすか楽しみに心待ちしているのだ。
JIKOは”じゃりん子チエ”に似てると言いたいのだが”じゃがりこチエ”とか”がちゃぴんチエ”とか言う。
私は”魔女の宅急便”のキキに似てると思うんだけど―
「今日はまだ、じゃがりこ、始まらんなぁ!」
どうしたんだろう?「ほら!ほら!がちゃぴんサイレン鳴りだした」
この暑いのに汗と涙で髪の毛を顔にぴったり貼り付けて、汗みどろになりながら泣いて、泣いて、泣き続けるバイタリティ溢れる泣き声にパワーと元気を貰っている。

そのルイちゃんは、JIKOのお友達で一緒に土いじりをしたり、鯉を見に行ったりするのだがJIKOはルイちゃんのカタコトが「なに言いよるか、さっぱりわからん!」

有る日、例の泣き声が表で聞こえたそうな。
自転車に良く乗って遊んでいるので転んで怪我でもしたのかとJIKOはあわてて表に飛び出した。
するとルイちゃんは、フェンスの前に座ってフェンスを握り大泣きしていた。
「どうした?」JIKOが声をかけようと近寄ったとたんルイちゃんが泣きながら立ち上がった。

立ち上がったと同時にパンツが足元までストンと落ちて可愛いちぃさなお尻がプリン!
JIKOはびっくりして声もかけられず、フェンスに片手をかけたまま、片方の手でパンツを必死に
ずり上げながら泣いているルイちゃんを横目にそのままに家に入って来た。
JIKOは目を丸くしながら
「おい!がちゃぴんは大きなパンツ穿いとってパコンと落ちたがやが・・・ねえちゃんのでも穿かされとったのやろか・・・でも普通ゴムが緩くてもずるずる落ちるやろうが!」
「見事にパコン・ストンと足首まで落ちた・・・」

「は~い!それはパンパース。紙おむつだから泣いているうちに、おもらしして重くなったので落ちたんやろ」
JIKO「・・・・・・!?・」

2・3日前、自転車にのって遊んでいたルイちゃんがヒラヒラのスカートをまくって
「これ可愛いでちょ!」
見せられたのがミッキーマウスのマミーポコ。
「あれ!まだおむつしよるん?」
それには答えずミッキーのおしり丸出しで鼻歌をうたいながら自転車でよろよろ去った。
で、その状況が容易に想像できたが、JIKOの驚きようがあまりにおかしくって、壺にハマりしばらく笑いが止まらなかった。


やっと梅雨があけました!

  1. 2009/08/03(月) 00:34:27|
  2. ■Jikoのガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
「その後、JIKOのガーデンはどうなってるの?」
Kainさまからのお便りに・・・ご報告します。
宮崎から来たメランポジューム・ヒメノボタン宮崎の花 (3)
宮崎の花

庭の日向エリアでしっかり根付き花を咲かせています。
西都原から来た埴輪と一緒。
宮崎の花 (2)
巨大松葉ボタンもピンクと白の花が咲いて・・・Jikoのガーデン (8)
Jikoのガーデン
日向あさがおも、元気にフェンスをよじ登って赤い花を咲かせています。

さて、種を巻いた菜園の方は
Jikoのガーデン (4)
虫に食われ放題の紫蘇!
花も実も成らないトマト!
Jikoのガーデン (5)
見事、実になったキュウリのゴロチャン!
ちょっと、食べづらかったけど・・・娘に「大きくなりすぎると、種がいっぱいになる」と言われ食べたら、なあんか昔のキュウリの味がした。
「一本あげる!」娘に言ったら「うちには、冷蔵庫に入りきれないくらい有るから、たった2本やろ!食べな」と笑われた。
Jikoのガーデン (6)

2メートル以上に伸びたのに花の咲かないひまわり!
「花の咲くことを願って・・・」と娘がテンプレートにひまわりを咲かせてくれた。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。