桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常食体験

  1. 2008/02/28(木) 13:51:35|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
災害時のボランティアセミナーに“どんぐり”から参加した。

20080228131147.jpg


20080228131234.jpg


新居浜の集中豪雨被害を例にとっての講演。
義援金と支援金との違い・・・

災害は必ず発生します。災害直後のあなたは・・・

●隣人を救い出そうと自ら声を上げ行動できますか?
●近隣の人達との避難生活をスムーズに過ごせますか?
●毎食、お弁当やパンで我慢できますか?
●便・尿で満タンのトイレで用を足せますか?
●プールの水で洗面し、同じ水でお湯を沸かして飲めますか?
●何も無い中で、今できるベストへ向けて提案や行動ができますか?
(誰かがやってくれればと思っていませんか)
等々

幸いな事に今まで八幡浜ではそれほど大きな災害は無かったが「南海地震」が危惧されている現在―肝に命じておかなければ・・・
20080228133650.jpg


非常食体験
20080228133920.jpg

熱湯を入れれば15分、水でも1時間かければご飯になる。
20080228133942.jpg

20080228133957.jpg


20080228134329.jpg

これが一人前である。
「マズイ!」と顔をしかめている人も中にはいたが・・・
どんぐり連中は
「美味しい!」
「いける!」
私も結構美味しいと思った・・・・
欲を言えば梅干しでも沢庵の一切れでも・・・
ううん・・・塩でいいや!塩っ気が欲しかった。

20080228230226.jpg


休憩時間に入った時、後方から
「Rちゃ~ん!Rちゃ~ん!」
と呼ぶ声・・・・以前バーバラ会で一緒だったK美ちゃんだ。
K美ちゃんは保育所の園長さんをしていた明るいさばさばした人でバーバラの中では気の合う一人だ。。
保内町のボランティアグループから参加していた。
八幡浜市と合併したので・・・この場で再会。

20080228230245.jpg


持参のコーヒーを紙コップについで渡しながら
「ちょっと手ぇ出して・・・」
私の左手をとると手の平にボールペンで日時・場所・を書き込んで
「高齢者の人らのな。俳句の代筆や俳句の本を読んで上げる人をおらんでさがしとったんよ。この日来なはい!」
「いやぁ・・・うちも高齢者でぇ~」
みなまで云わさず
「やかましい!ワハハ・・・絶対来なはいよ」
明るい笑い声に思わず
「うん!」

なぁ~んか心和んだひととき。

やっぱ・・・“どんぐり”では緊張してんだな。
まぁその緊張感を楽しんでる私もいるんだけど・・・

スポンサーサイト

美香の誕生日

  1. 2008/02/17(日) 20:52:39|
  2. ■夜桜一家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
先日、娘 美香が4◯回目の誕生日を迎えた。
Bossからの連絡を受けてJikoは出刃包丁と刺身包丁を研いで・・・
(あっ!別に刃傷沙汰ではございませんので)

20080217205104.jpg


この魚を始末しに。
大皿3枚の薄づくりのお刺身。

私は十八番のいなり寿司。
合わせ酢にこれでもかって位、生姜とちりめんじゃこいれて・・・
酢飯の具は胡瓜の塩もみとレタス・ゴマのみシンプル。
油揚げに酢飯を詰めて“煎りおの実”を5・6粒くっつける。
70個位作った。

20080217232027.jpg


フレンチやイタリアンじゃないけど・・・
20080217232108.jpg


しゃぶしゃぶの準備も完了。
20080217232152.jpg


主役が食卓に着く前にみんながっついて・・・
Tochiはあいにく大阪に行った後だったが松山からぴーちゃんも帰って来てShinちゃんと―総勢7人で賑やかな食卓。
肝酢で食べるお刺身はプリップリッ!
いなり寿司も好評、伊勢エビの味噌汁もあって・・・

「うまっ!」「美味しい!」
あっと云う間に大皿が空になっていく。

食後はお約束のケーキ。
20080217235123.jpg


「ローソク(キャンドルではない)何本たてる!?」

大騒ぎ!

20080217235352.jpg


「はよ・・消さな・・クリームまで燃えよる」

年いくと頭が堅くなる―って云うけど中身じゃ無く頭皮も実際に堅くなる・・・
そんな話からみんなが頭をわしづかみでくしゃくしゃ~お互いにくしゃくしゃ。
娘三人も髪振り乱して「堅い!」「柔らかい!」
おかしな親子・姉妹!?

「あ~ぁ!お腹いっぱい」
と食後、くつろいでいる美香の両側からぴーちゃん・Cyaoがママのお腹をぽんぽん叩く。
(いやぁそれが良い音したのよ)
やっぱり、おかしな親子・姉妹!?
Jikoが
「お寺の木魚の音や・・・それも大きな木魚」
もう・・・大笑い!!
笑って~笑って~

おかげで又、笑い皺が増えました。

「風の道」

  1. 2008/02/08(金) 12:59:35|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
音声訳を始めてはや三年になる。
国語の先生を定年までしていたOさんに

KC280024.jpg


読むように勧められ―

その後

KC280027.jpg


自費出版の歌集の音声訳。
八幡浜に住む昭和6年生まれの女流歌人。
(まぁ短歌なら―どうにかなるか)
あまかった!

600余首で10首2分としても2時間あまり・・・
おまけに歌の漢字の読み方は作者それぞれ
『誰』=「た」「たれ」「だれ」
字余りでも「だれ」と読ませたり・・・


コピーを持ってご本人にルビを打ってもらう。
ところが
「てふ」=ちょう
「やうに」=ように

50代のTちゃんは悪戦苦闘。
ひらがなにもふりがなをつける始末。

又「金剛佛の目なじりあげて・・」
「まなじり」=「めなじり」とふりがな。
石室=「せきしつ」「いしむろ」には「せきむろ」とふりがな。

まあ時代も時代だろうが「死」を題材にした歌が過半数。

母の死・父の死・伯母の死・戦死した甥・友の死・知人の死・
骸・屍・墓・奥津城・パーキンソンの妹等々・・・

読み進むうちだんだん沈んでいく三人・・・

間にイナバウアーや孫が「プータロウになるかも・・」などと出てくるとほっとする。
孫が結婚し曾孫が出来たが幼いうちから保育所に預けられる―他人手に育つ曾孫をいとしんでいる。

視覚障害者の方達はほんとうに聞きたいのだろうか・・・暗く思いテーマだよ。
300首くらいに抜粋しょうと話合う。

最初と最後に『喜多郎のシルクロードより朝もや』を流して綺麗にまとめたいと思っているが、果たして作者は不本意かも!?

『死』をテーマにすることにポリシーがあったとか・・



節分の夜

  1. 2008/02/04(月) 14:34:38|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
鰯の頭を柊が無かったので
(おんなじ棘があるからこれでもよかっぺ)
柚の木の枝に突き刺して
 
 『鬼は~外
      『福は~内


玄関から蜜柑山へ・・・

『鬼は~外
      『福は~内


裏戸を開けて密柑山へ・・・

孫が大きくなってからは豆まきなどしなくなっていたし、うちには鬼より怖い××が居るし・・・
家んなかに小鬼の一匹や二匹いるのも面白いかも~と思っていたのだが静さんが豆を呉れたので何十年ぶりかの豆まきをした。

その夜!
寝静まった夜半。
みぞれまじりの雨の音にまじって~
“トン・トン”
“トン・トン”
表の戸を叩くちぃさい音!

土間におりてつっかい棒をのけガタピシッ木の引き戸を開けて見るとおりからの雪まじりの雨の中・・・
防寒着も着ず薄いセーターにGパン姿で濡れた髪の毛を顔にへばりつけてうつむいた娘が立っていた。

「Mちゃん!どしたん!?」
(鬼と間違えて叩き出されたか?)

「はよ入り~寒かったろう!」
冷たく冷え切った娘を抱きかかえ暖かい私の布団の中へ入れ自分より大きな娘の体をハグ・ハグしながら事情を聞く。
娘が云うには
この春から大学に進学する末っ子Cyaoに持たせるデジカメ・PCの事でBossと言い争いになったと云う。
「画素数ナンタラ―ハードディスク?メガバイトナンタラ―・・・」
私には当然理解不可能!
機種について意見の相違が有ったらしいことは分かったが・・
「まぁ今夜はひやいし寝たら良い」
娘は結婚以来お産で帰った他、家で泊まったことが無い。
車で7・8分と云う近場のせいもあるが~

以前、喧嘩しておん出されたBossが家に来て泊まり
「なんでよ!ここは私の実家やん」
と娘が怒ったことはあるが娘がかって泊まったためしはない。

娘はぺろぺろ(ちぃさい時のニックネームはペロちゃん)としゃべるだけしゃべるとバイクに乗って暗いみぞれの中を走り去った。

『Mちゃ~ん  』


叫んだとたん目が覚めた。

鬼が見せた夢か?
福が見せた夢か?

あ~ぁ!
娘が生まれたのもこんな粉雪の舞う寒い日だったなぁ・・
まもなく40数回目の誕生日を迎える。

※家の玄関はノブの付いた普通のドアで一応ピンポンもついている。
多分昼間読んだ“モチモチの木”のシチエーションが残っていたのだろう。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。