桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓鬼が喰らいついた?

  1. 2007/07/29(日) 13:41:02|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
今にして思えば7月に入ってから体調が思わしくなかった。
極端に食欲がなく暑さのせいだとそれほど気にかけてなかった。
もともと食は細い方で美味しいものをすこ~し頂けば満足だった。
「猫の子ほどしか食べない」が私の定評だった。

病気になりなお食欲はないが副作用のキツイ薬を服用と云うので素麺・おかゆ・ヨーグルト・りんご・バナナを2口3口食べては薬を飲んでいた。

ただでさえ細い私の体はやせ細りまるで理科教室の模型状態・多分ガラでも返品をくらうだろう。
みるも無惨にガリガリ・・・

そう!
あれは娘が“野菜スープ”を持ってきてからだ。
Mはあれでけっこう料理がうまい。
“タンシチュー”など絶品である。
「なにか食べたいものない?」
すかさず“野菜スープ”をリクエストした。

食べた!食べた!
胃の底が抜けたか餓鬼が住み込んだか・・・
娘が驚くほど食べたのである。

それからである。
朦朧とした頭に浮かぶのはステーキ・ハンバーグ・鯵の一夜干し・カレー・なめこの味噌汁・うなぎの蒲焼き・冷麺・焼きそば・胡瓜もみ・・・
(今までは肉類・あぶらっぽいものはあまり好みでなかった)
清ちゃんが神戸牛のステーキを娘が伊予牛のカレーを差し入れしてくれた。

喰らう!喰らう!
さては餓鬼が居着いたな!
Jikoが
「お前 今度は腹こわすな!」
心配するくらい食が進む。
ご飯が美味しくて、したこともないおかわりなんかして・・・
食前・食後にパン一個。

今まで食べたこともない3時のおやつも欠かせない。
夜食もがっつり食べる。

その状態が一週間続いた頃から
まずお腹まわり、次にふともも・ふくらはぎ肉が付いてきた。
「5kと云わず10k増えても良いよ」
娘が云う。

「今夜は何食べよう・・・」
パラサイトしている餓鬼と相談している。

ギャル曽根の美味しそうにきれいに食べる姿を思い出しつつ
10k増を目指して・・・

今夜はBossが釣ってきた鯵の刺身と小鯵の南蛮漬けとで美味しいご飯食べよう―餓鬼がにんまり微笑む。

スポンサーサイト

頂きもの

  1. 2007/07/24(火) 22:30:08|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
♪お見舞い♪

水無月さまから
20070724222033.jpg


一緒に北海道の乾いた夏風と、私の作った西瓜もお届けしたいです♪
無理なさらずに、お体大切にしてくださいね♪



kainちゃんの生け花とお母様のコラボ!
私の好きなお母様の短歌を写真に書いて頂きました。

20070724222054.jpg


子供の頃川辺に夕涼みに出かけた時、父が竹箒で空を掃くと蛍がいっぱい止まって綺麗でした。今日の花材のニシキギを見ているとその光景を思い出しました。小さい灯りをともすサンダーソニアを蛍のようにアスパラの葉の茂みにとまらせました。クルクマペティオーレは珍しいピスタチオ色。

なんとも素敵で癒されます。

鬼の霍乱

  1. 2007/07/22(日) 12:20:45|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
10日ほど前から咳が出ていた。
めったに引かないが風邪だろうと抗生物質とPLを飲んでいた。
「風邪は万病の元・・・病院へ行け」

娘に云われ何十年ぶりの市立病院。   
受付で「問診票」に書き込んで待つこと30分。
カルテを渡されて呼吸器科へ・・・
9時に行ったのに椅子に座れず立って居る人も・・
“うわ~~大勢な人~~”
どれ位かかるのだろう―病院が・待つのが大嫌いな私。
ここで同じく「問診票」を書かされ検温。
2時間ほど待たされぼつぼつ バックレ てやろうかと思っていたらレントゲンとCTを撮って来るように・・・

レントゲンはクリア。
CTは初めて・・不安!

「痛くも痒くもないけん~Cyaoはいっつも撮りよるよ。
大丈夫やけん」
ブートキャンプで鍛えた?北斗晶に勝るとも劣らぬがたいの娘が仁王立ちで立っていた。
逃亡阻止か心配してかいずれにせよ心強いことこの上なし。

出来たフィルムを持って初めて先生とご対面。
脈もとらない聴診器も当てない。
―若い子やったら胸見るんで(か~子談)・・ここにも格差―
「以前 結核と肋膜やってますね?」
「いいえ~・・」
(記憶にございません。ほれ・・みっと人間には自然治癒力があるんてや・・・)
私に一指も触れることなくPCで検索。
PCの診断では“肺炎”となっていた。
「少し強い薬を出しときます」

娘に筋肉痛で左足の膝が痛いと云うと
「ビリーさんやったの?」
「ううん」
「じゃあ関節痛やろ・・先生に湿布もろたげる」

お昼になったので院内の食堂へ・・・
娘の携帯が鳴る。
Bossから・・・
「ああ~Bakoと病院におる。
バナナがあるけん。あれ食べて・・」
思わず
「猿かあ~!」

食事が済みました―
「お見舞いがわりに私、払うわ」
計算書を持ってレジに向かう娘。
「ええ~~そうなん・・ご馳走様」
食堂を出ようとしたら
後方からドタドタ
「まってぇ~~。
お金おろすの忘れとった~~~」
私の財布を握ってドタドタ・・・

食堂をでると院内のATMへ猛ダッシュの娘Mだった。


続きを読む

15年目の客

  1. 2007/07/17(火) 18:49:37|
  2. ■夜桜一家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
大阪某所。
深夜のコンビニ。

その客は入って来た時から異様であった。
ホームレスのような風体。
手入れしてない頭髪・伸び放題の髭・するどい目つきの強面。
「いらっしゃいませ」
「兄ちゃん カミソリどこや?」
バイトの兄ちゃんが剃刀の場所に案内すると
「15年ぶりなんや」
「なぁ~んもわからん」
どれが良いのかと聞きT字の剃刀をチョイス。

次に
「兄ちゃんビールはどこや?」
たくさんの銘柄に
「15年振りでわからんのやが どれがうまいか」
「僕 あまりビールのまないんで・・・」
あまりにも15年振り・・・15年振りを連発するので日本を離れていたのか・・・
「どこに行かれてたのですか?」

「今日 出てきたばかりよ(ムショから) 」

(オイ!!気付よ・・15年ちゃあ半端な刑期じゃないぞ!)

「何やったんですか?」
さくっと聞いた。

(き・く・かぁ!!)

「兄ちゃん 俺にそれを聞く?
俺の口から云わすか・・・二人殺した」

ぞぞぞぞォ!ぞぞぞぞォ!!ぞぞぞぞォ!!!

(ヤバッ!)
(バリヤバッ!!)
(マジ俺ヤバッ!殺られる~~~)
(カミソリ持ってるしぃ~~)


「兄ちゃん 俺も今日出て来たばかりやし・・・
逆もどりはしたないわ」

発泡酒とT字型カミソリを買って

「兄ちゃん 言葉には気いつけえよ」
イタイお言葉に直立不動のバイトの兄ちゃん。

「ハイッ!有難うございました」

187cmのラガーマンのバイトの兄ちゃんをビビらせるだけビビらせて15年目の客は出て行った。

ビビって固まっていたのは 4回生になり時給に惹かれて深夜のコンビニバイトを始めた孫のTochi。

半年ぶりに帰って来たTochiに聞いた

『深夜のコンビニで怖かった話』


お稲荷さん

  1. 2007/07/13(金) 16:33:26|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
私の嫁いだ商家はJikoで八代目。
伊予の大阪といわれた八幡浜で先々代が『勘商場』をしていたとかで大きな古い(お化けが出そうな)屋敷だった。
裏には広い工場もあり嫁いだ当初には職人さんも5・6人仕事をしていた。

その広い古屋敷の中庭にお稲荷さんが祀られていた。
赤い鳥居にお狐さんも・・・
商売の神様とあって職人さん達も朝夕お参りしていた。
お稲荷さんに関わるのは主に 浜の町ばあちゃん
初物や頂き物は必ずお供えしてお下がりを頂いていた。

佛様と違うところは神様にはお米、仏様にはご飯だった。
―お供えしたお米が赤くなる―
とばあちゃんは云ってたがあまり関心のない私は
(カビでも生えるんやろう)

その内
「お米の色が変わらない」
と騒ぎ出した。

折りもおり 義母の奇行が目立ち始める。

半世紀も前の事・・・

かかりつけの医者ならぬかかりつけの神様が大洲にあってご祈祷に行くようばあちゃんに云われて出掛けた。

一応の儀式の後
「お稲荷さんの御霊(御神体)がお社の中にない。
御霊が無いので位の低い狐が悪さをしておる」
と神のお告げ・・・

「どうすれば?」

と問うと、しげしげ私の顔を見ていた その方が
「先ほどから気になっていたが・・・」
「あなたには位の高い白狐がついとる」
(よほど尖った顔をしていたか)
(狐憑き!?いくら高貴で七尾の狐でも葛の葉でも嬉しくないわ)
まだ20代の私は不本意この上ない顔・態度だったろう。
私の後方の高い所を目で追いながら
その方には白狐が見えるのか~
「神社でお勤めして修行してみないか・・・」
神様からスカウトされた。

丁重にお断りして
「そんな良い狐なら置いて帰りますから~」
私には見えないし特別護られてる実感もないし・・
云われれば、あぶらげ好きかな?
「いやいや このお狐さまはあなたについて護っているのだから―」
「はあ~」
見えない狐を引きずりながら帰途に着く。
(時々突拍子もない事をやらかすのは―お前のせい?)
(うちの悪ガキ将来・・・陰陽師か・・・)

帰宅後 云われた通りばあちゃんがお社をあらためる。
大事そうに古ぼけた桐の箱を捧げ持って出てきた。
拝んで開けてみると

『あっ!!』

無造作に袱紗と黄色い布が放り込まれた状態。
腰をぬかさんばかりに驚くばあちゃん。
「御霊ってなんやったん?」
「鏡」(直径10cm程の丸い鏡だったそうだ)
『御霊』は京都まで行き伏見神社から5万円で頂いて来たとか・・・
いつの頃か知らないが、当時では大金だったようだ。

神妙に正座する義母に『御霊』のことを聞くと
「あ~あの手鏡な~うつりが悪かったけん・・・」
笑いながら云う。
「どうした?」「・・・・」
「どこへやった?」「・・・・」
二度と『御霊』は現れなかったのである。

神のお告げの的中にちょっとばかり驚きながらも・・・
指図とおりのお供物と蝋燭を用意して悪さ狐を退治にかかる。
私は悪さ狐とガチンコ勝負する気は毛頭なかったので私についてる白狐のことは誰にも話さなかった。

しかし
「蝋燭の火はあなたがつけなさい。
炎が一尺以上上がれば~それが退散した証拠です」

半信半疑の私の目の前で
“ぼぉ~~~ゆらゆら~~~”
炎が立ち上った。(確かに30cmいやもっと高かった)

これで狐の悪さは終わるはず―だった。

が・・・日を追う毎に義母の奇行は激しくなる。
ばあちゃんが今度は
「本人を連れてお祓い受けて来い」
白狐をつれてあの神様の前に行くのは気が重かった。

私は内緒で病院に連れて行った。
そこでくだされたのは
“アルツハイマー”
“パーキンソン氏”
義母はまだ50代前半 今でこそ若年性認知症とか云うけど痴呆症もまだ知れ渡っていない頃。

年を重ねて呆けるとしか認識の無かった私は驚いた。
現に80才越えてばあちゃんは頭も体も元気だし・・・

それから私の狐ならぬアルツハイマー相手の戦いの日々が始まった。

『御霊』紛失が原因かどうかは分からぬがこの古屋敷もばあちゃんが亡くなった後には人手に渡った。



第52番札所~第53番札所

  1. 2007/07/10(火) 20:15:23|
  2. ■同行二人-風遍路
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
瀧雲山太山寺りゅううんざんたいさんじ

20070710142833.jpg


真民さんの詩碑が迎えてくれる。
山門から560m急坂が深山へ導いてくれるが道の脇にはたくさんの句碑がたっている。

20070710150158.jpg


『蒟蒻につつじの名あれ 太山寺』 子規の句碑。
太山寺は蒟蒻が名物であったとか・・・

県下で一番古いとされるお寺。
時の流れが止まって漂っている感じ。
ゆったり広い境内でしっとり落ち着いてお参りが出来て このお寺ももう一度来たいリストにいれる。

20070710150720.jpg


聖徳太子堂の夢殿には法隆寺の夢殿と同じ聖徳太子像が祀られているそうだが拝顔かなわず・・・

20070710150749.jpg


鐘楼の中の地獄絵。
鬼気迫る絵柄に圧倒される。

20070710150818.jpg


石段に刻まれた
若狭屋―和泉屋―佐賀屋―宮崎屋の文字。
名前も喜兵衛・弥市・右衛門など・・・
時代を感じる石段。

20070710150842.jpg


「のうきやうへ」→納経所への道案内。



須賀山圓明寺すがざんえんみょうじ

20070710154217.jpg


菊間瓦の変わった鬼瓦が屋根の上に・・・
20070710154112.jpg


ここで丹波篠山からのセレブな奥様二人とご一緒する。
つばひろ帽子にロンスカ・・・さすがに足元はスニーカーだったがヒールを履けばバッチリ上品な外出スタイル。
輪袈裟をかけ金剛杖を持っていなければお遍路さんには見えないが作法通りのお参りをして情報も豊富で四国最古の銅板の納経札があることなど教えて頂いた。

運転手付きのベンツで巡礼していた。
大きな車での四国の遍路道は大変だろうな。

20070710154137.jpg


左甚五郎作の龍との事だが吊り灯籠が邪魔していてよく見えない。

20070710154159.jpg


キリシタン灯籠が奥まったところに・・・

 木漏れ日に 若葉風吹き ひっそりと

             マリア観音 時のうつろい
 

「今夜は道後に泊まります」
くだんのご婦人方は優雅に車から手を振って走り去った。

コメパン

  1. 2007/07/07(土) 02:49:35|
  2. ■Bakoの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
くれぐれも 米パン では無い。
こんまい(小さい)パンツ→こまいパンツ→コメパン。
普通はミニパンとかビキニパンツと云うようであるが私流にはコメパン。
以前 和服を着ることが多く着脱が便利なので愛用し始めた。
ウエストをゴムで締められるのが苦痛なのだ。
(はやく云えば“こけし体型”)
ウエストまでのデカパンを穿きパンスト・ゴムのスカートでもはいた日には三重苦である。

かくして私のコメパンコレクションが始まった。
値段もそこそこで手に入るし(ダイヤ付きとか金襴緞子でない限り)
人様に見せるものではなし綺麗な花柄・カラフルな色・レースや刺繍の可愛いデザイン。
第一 収納場所もちぃさな引き出しに5・60枚入る。
くるくる10円玉の大きさに丸め7Cmの円柱形にして立てて収納。
ローンやシルクだともっとちぃさくなる。
今 数えてみたら105枚(未使用50枚)
収集を知っている友人達(Miyaちゃんが大半)が珍しいものがあると買って来てくれるのだ。
不織布(紙)スケスケ・ えげつない 鮮やかすぎる色・アニメのイラストいり・蛙がベタッとバックに張り付いていたり・・
ええ~ぇ!これはちょっと~ってコメパンもありで・・・
いくら見せるものでは無くっても私の好みもありで(未使用が増える)・・

私は徹底した夜型人間で夜にはめっぽう強いが朝はからっきし駄目。
朝 早くお洗濯なんてとんでもない。
直射日光を避けて日が陰ってから干すなんてことはしょっちゅう。
乾いてなければ干しっぱなしなんてことも・・・
このところ18年それで何の支障もなくすんでいた。

四方は密柑山。
誰に見られることもない。
(見るのは狸か猪くらいのもん~彼等から別段の苦情もなく)
「あら 今時分 干しよる・・・」
「まぁ 夜も出しっぱなし・・・」
陰口きかれるご近所もなし・・・

その夜も干しっぱなしで寝た。
翌朝
   ない! ない! ない!

私のお気に入りのシルクの薔薇の花柄・ラベンダーのレース付き・サーモンピンクのふりふり・三枚が消えている。
風が吹いた様子もなかったがあわてて蜜柑山を駆け回る。

盗ってくのならヴェルサーチのTシャツやマクレガーのポロシャツの方が良いんじゃない?
無くなっているのは私のコメパンだけ・・・
地域の人はうちの家族構成知ってるし!!

そう云えば
この2・3日下の国道が夜間工事中とかで家のそばの山道が迂回路の近道とあって車が良く通っていた。
普段は朝夕密柑山に行く軽4トラックが通るくらいの閑散な山道なのだが・・
夕べは明るい月夜だった。

例え犯人がとっつかまっても
「私のではありませんっ」自信を持って完全に拒否るし おまわりさんも肯定するだろうゴキゲンなコメパン達。

願わくば 狸のポンちゃんがきれいなオネエチャンに化けて勝負パンツで穿いていることを・・・
(なんたって津軽三味線 弾く狸のことだから)
猪クンがバンダナ代わりに被って猪突猛進していることを・・・

ただ祈るのみである。


紫陽花寺

  1. 2007/07/03(火) 23:35:12|
  2. ■えとせとら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
億万年山大安楽寺

西予市伊延のひなびた山間のお寺。
梅雨時で今にも降り出しそうな曇天だったが雨に濡れた紫陽花の花も風情があると車を走らせた。
一雨きたのを車の中でやり過ごし参道にさしかかると
20070703233218.jpg

見事な紫陽花
20070703233822.jpg


20070703233304.jpg

花の根本には可愛いお地蔵さんが・・・
転けているお地蔵さんに手を伸ばした。
「お前 持って帰ろうとしたろ?」とJiko。
「ちがわい。起こして上げただけよ」
(内心・ほんのチョビット・バッグに入れたい気もした)

20070703233329.jpg

境内にも
20070703234034.jpg

20070703234057.jpg


お地蔵さんがいっぱい。

若いお坊様が 子供用のプールくらいなちぃさな池を作っていた。
家の中からは産まれて間もない赤ちゃんの泣き声がした。
池をのぞくと何か泳いでいる。
めだか?・・・
買って来た~と云う。
1匹30円から100円で高いのは1,500円のもいるそうだ。
めだかが・・・1,500円!?
「そこらの小川にいるでしょうに・・」
子供の時にはいましたが・・・今はいませんと云う。

お地蔵さんに執着してたら
「訪ねてみはったら・・・
わけてくれはるかも・・・」
関西訛りのお坊様が教えてくれた。

『阿登里江 南無』

20070703235857.jpg


呼び鈴を押したがお留守のようだった。

20070703235916.jpg


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。