• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母・艶子

  1. 2006/07/04(火) 16:51:01|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
 夏さかり 古きまなびや吹き抜ける

           時の流れに亡き母偲ぶ 




宇和町の開明学校を訪れた時の歌。
開明学校は西日本最古の擬洋風学校建築で今だに見学者があとを絶たない。

私の母は、愛媛師範を出て「おんな先生」として伊予の山奥(伊台・五明村)で、教壇に立っていた。
21才年上の父によって九州に拉致されるまでは(まさに拉致されたのである)母には、会った事もない親の決めた婚約者がいて、結婚間近だったとか・・・当時の九州は今のハワイより遠く思えたに違いない。
日毎、夜毎、ふるさとが恋しく泣き暮れる日々であったと云う。 当時の写真を見るとデビューしたての百恵ちゃんを彷彿とさせる、まだ幼い面差しをしていて、見知らぬ土地でさぞ心細かったであろう心情がうかがえる。
後年、伝え聞くところによると花嫁に逃げられた婚約者は警察署長サマに出世されたとか・・



老いたれば 我がふるさとの松山へ 移り住まむと云いいたる母 



そんな母の望郷の念が
 今日も又 丘に登りて佇めば 海路遙かに伊予の山見ゆ 




私が高校生の時に詠んだ歌である。そして初めて「八雲」(田吹繁子主宰)に載った思い出の一首でもある。

その母も40才(数え年)で松山に帰る事なく彼岸に旅立った。 私があちらに逝って、30から上の我が子がわかるだろうか・・それが心配である。

20060704163945.jpg
宇和町の開明学校


20060704164016.jpg
明治時代の教科書を使い模擬授業



ポチッ!と一押し:お接待有難うございます。  
合掌



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学


目に入れても痛くない

  1. 2006/07/08(土) 14:41:21|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
若き日の 人恋う如き心揺れ

         夜行バスでの孫の見送り  



初孫で手塩にかけて慈しんだ孫が、大阪の大学に進学し旅だった。以来(町には慣れたか・・)(友達出来たか・・)さだまさしの「案山子」の歌詞そのものの心境である。

         to.jpg




幼き日 教えし経を空むじる 十九の孫の記憶おどろき


かれこれ10年も前、両親が多忙なのを良い事に可愛い孫達をいろんな所へ連れて行った。その道中、主人が教えたのである。
そんなある日、夕食を知らせに母親である娘が、子供部屋に行くと電気もつけず暗い部屋で幼い姉妹がおちょっぽ(正座)して「ぎゃうてい~ぎゃうてい~」と手を合わせていたとか・・異様な光景にたじろいた・・とは娘の後日談。
私が縦書きお経に苦悩していた時だけに驚異であった。

hi.jpg



ポチッ!と一押しお接待有難うございます。  
合掌



FC2ブログランキング



テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学


阿波路

  1. 2006/07/09(日) 03:14:53|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
 薄暗き 宿のロビーでPCを打つ

         バイク遍路の 手足逞し 




 ふたたびは 来る事もなし徳島の

           遍路宿の夜静かに更ける 




 阿波おどり 踊る娘の指先は 花の蕾か佛の指か 




20060709033744.jpg





FC2ブログランキング

ポチッ!と一押し:お接待有難うございます。  
合掌

テーマ:短編 - ジャンル:小説・文学


ののちんぴーちゃん

  1. 2006/07/28(金) 00:20:16|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
夕飯の支度をしているとメールが来た。
着信音でぴーちゃんからだと分かる。
〈お盆休みで帰るから12日「ののちん」(お墓)掃除に行きたいがjikoの都合はどうか・・〉
そう云えば昨年もお墓掃除していたら若い娘が原付に乗って来て、誰だろうと思ったらぴーちゃんだったのには驚いた。
偶然である。
「云って呉れれば一緒に来たのに・・」と云ってはいたが。。

ふと法輪寺への道すがらの光景が交錯した。


 殺伐と事件の多い昨今に

            若き遍路の畦道を行く 



家では幼い時から浜の町ばあちゃんの教えで「ののちん」“あん”と手を合わせるのが習慣である。
まさに『右ほとけ 左はわれと合わす手の なかぞゆかしき 南無のひとこえ』合掌の心である。
ののちん」が南予の方言か、はたまた幼児言葉かは定かでは無いが家では仏様は「ののちん」なのである。

今年はぴーちゃんと、やっと覚えた般若心経を唱えよう・・
目を細めてそんな玄孫を見守っているであろう浜の町ばあちゃんの姿が浮かぶ。
きっとぴーちゃんも浜の町ばあちゃんが“まぶってくれるよ”

「この玉葱、目に沁みるわ!」思わずうるうるになりメールの文字がにじんだ。

yo.jpg


2才の息子の「ののちん」“あん”(40年前)

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学


母娘二代の晴れ着

  1. 2006/07/29(土) 17:08:03|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
私は和服が好きだ。
50代後半まで冬は着物で過ごした。
暖かいのである。

フリースやダウンなど軽くて暖かい素材が出て来たのと商売を止めたのを期に着物を着る事も無くなった。

 袖とおす日々もうとくて若き日の

           着物撫で見て 箪笥のおくへ 



娘が年頃になりお茶を習い始めると自分が好きなのと相まってお稽古着だ、晴れ着だと作ったものだ。
いつのまにか娘も一人で着物を着られるようになっていた。
「花柄は厭っ・・・」
「鳥は嫌い・・・」
「蝶柄も厭っ・・・」
私は花柄・蝶柄が大好きである。
若い娘の着物の柄に花・鳥・蝶を除いて何が有る?
どこかに花か蝶がついていると首を縦に振らないのである。
呉服屋さんにとっても難しい注文だったろう。


18の時、この振り袖を呉服屋さんが持ってきた。
まぁこれなら結婚後も袖を切れば、着られるだろうと思ったがその後子育てに追われ又、正式な場所でも洋装ですむようになり振り袖のままだった。

今年の正月それをぴーちゃんが着たのである。
体格は母親より良いがその点和服は便利である。
おはしょりが短くなるだけで充分着られるのである。
20数年ぶりにふくら雀を結んだ。
心配だったが覚えていてちゃんと形になった。
後で聞く所によると今はそれ用の小道具があるそうだ。
色の白いぴーちゃんには顔映りが良く
「ううう~~ママより似合ってる!」

scan6.jpg
妃美呼18才のお正月

hikaru
ぴーちゃん19才のお正月


その後呉服屋さんは、成人式用に藤色と黒の染め分けに熨斗柄の振り袖を探して来てくれて、これは娘も大変気にいった様子であった。
帯も銀箔に熨斗柄で揃えた。

来年の成人式にぴーちゃんが母のこの振り袖を着ると云う。
今見ても結構 斬新な柄ゆきで、今にして思えば流行(はやり)の花鳥柄で無くて良かったと思う。

早速、私の結婚式・妃美呼の結婚式でお世話になった美容師さんに予約を入れた。
高齢の先生は「最近、耳が遠くなりました」と云いつゝ「三代ですねぇ。助手を連れて伺います」と快く承諾してくれたのである。

三年後には末娘のかおちゃんも母のこの振り袖を成人式に着ると云う。
当時、清水の舞台から飛び降りて誂えた振り袖だが三人が着て呉れれば元が取れるというものだ。

    ----*----*----*----*----*----*----*----*

妃美呼からクレームがきた
「後ろ姿かい?」
いえいえ決してお顔が(〃゜▽゜;Aアセアセ・・・
どうの・・ではなくふくら雀を見せたくて(ハイ
『見返り美人』って云うでしょう?(見返ってない。。?)



FC2ブログランキング

ポチッ!と一押し:お接待有難うございます。  
合掌

テーマ:こんなことありました - ジャンル:日記


夏の日

  1. 2006/08/05(土) 17:23:55|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
 めくるめく夏の日射しにアスファルト

           濡れたる如くひかりて長し



 ゆらゆらと地獄のけむり そこ此処に

         茂れる夏草 硫黄に枯れて


6.jpg

私の故郷☆湯煙上がる鉄輪温泉
地獄の湯気で唐芋や野菜・玉子を茹でるのである。


 緑濃き 故郷(ふるさと)の山眺めおり

            白き雲わく 鶴見山なみ



 遠き日の 母を偲ばむ思い出は

            故郷の山 鶴見由布岳



turumiw0.jpg

別府湾に船が入り汽笛がなる。
この山々が見えると「帰ったぁ!」って気持ちになる。
何10回この景色を見ただろう。
いや優に百回は超えてるなぁ。
時には子供を連れ孫を連れ・・・海を渡った。

昔は6時間掛かっていた船旅も今では大型船になり3時間に短縮された。
もう四国の生活の方が長いのだが、“湯の町別府”が未だに懐かしい。



FC2ブログランキング

足跡どうぞ

盆おどり

  1. 2006/08/16(水) 14:21:53|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
 幼き日 我も踊りぬ盆おどり

            手振りも唄も昔のままに
 


故郷の『鶴崎おどり』ゆったりと優美なおどり(猿丸太夫)が私は好きでした。
テンポの早い(左衛門)
♪盆の16日おばん方いたら・・・♪くどき文句の一節です。
参加賞だったのでしょうか浴衣の背中に団扇をさして貰うのが嬉しかった。

   ----*----*----*----*----*----*----*----* 

いつもお世話頂いている お先達さんの清ちゃんが脳出血で倒れた。
おない年である。
「左半身不随で合掌も出来ない・・
せっかく金の納め札を準備していたのに・・」
お地蔵さんのような顔を曇らせ弱音をはく。

頭もはっきりしてるし言語障害もないしリハビリ頑張りや。
最悪 車椅子でもお参りは出来るやん。
「坂道で手すべっても・・わざとやけん・・ごめんよ」
それが厭なら杖ついてでも歩けるようになることやな。
お先達さんに引導渡して帰って来た。

 20060816141628.jpg
元気づけに『にわぜんきゅう』の絵葉書持って行こう。


FC2ブログランキング

ポチッ!と一押し:お接待有難うございます。  
合掌

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学


黒巫女の運動会

  1. 2006/09/17(日) 15:28:12|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
台風接近の中。
今朝6時に決定したそうだ。
黒巫女の運動会である。

雨も降らず ちょっと風が吹くかな・・くらいで暑くもなく寒くもなく・・

全校児童180名の田舎の学校。

 秋空に吾子等の声のこだまして

            カメラの前を疾風の如く
 
 

連写で撮ろうと思っていたのに うまくいかなかった。
で・・動かないお弁当を撮影。
今朝になって作ったと言うがなかなかの力作。
お重に詰めて紫の風呂敷に包んでいた。

一番下の孫が義務教育を終えるまで 11回運動会がある。

20060917152431.jpg


全校生徒の『ラジオ体操第1』何十年ぶりかのラジオ体操。
一緒に体操する。
覚えているものだ。
20060917152613.jpg


今になって 山が鳴ってうねっている。
これから風が吹き出すだろう。

もみじ寺

  1. 2006/11/27(月) 22:36:56|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
孫のバレー県新人戦の応援で[ 西条東予体育館 ]
初日は2連勝。
二日目[ 西条市総合体育館 ]
ベスト8には入ったが第1試合で惜敗。
片道100km余である。
ふと思いついて周桑郡丹原のもみじ寺を訪ねて見た。

仏法山西山興隆寺ぶっぽうざんにしやまこうりゅうじ

駐車場はたくさんの車で7・8人がトランシーバー片手に誘導していた。
赤い橋を渡り杖を借りて参道に入ると大音響の演歌。
(え~?うそ~?お寺さんやろ?)
演歌の年代ではあるが鬱蒼とした樹木の苔の生えた石段を上りながらの演歌はちょっと奇異な感じがする。
(八十八ヶ所別格のお寺なのに一体どんなお寺なんやろ?
御詠歌が流れていたお寺はあったけど・・)

演歌に 包まれて 包囲されてしばらく上ると演歌の出所は茶店・土産物屋だった。
(お寺さんなぁ~んも云わんのやろか?
お寺さんの雰囲気違うやろ?)

そんな心配しなくて良いくらい本堂までは道のりが遠かった。
こんな長い参道は今まで無かった。

nisiyama1.jpg



20061128002908.jpg


ちょっと早いようではあるが『もみじ寺』としては三大寺に入るとか・・・
全山紅葉すれば見事だろうなぁ・・・
その頃もう一度来てみたいと思う。

深山ではあるが大勢の人出でにぎやかである。
その人出のなかで偶然四十年ぶりにQちゃんに会った。

 紅葉寺 昔の笑顔そのままに

        「定年です」と孫連れており 
 

出世したのは新聞やテレビで見て知ってはいたが・・・

「お導きです」
と神妙な事を言うQちゃんを私は多分不思議そうにみていたに違いない。  
レンゲ畑で・・駅裏で・・海で・・子供達と喜々として遊んでいたQちゃん。
若き日のQちゃんが脳裏をよぎる。
雨の日、白ヘルに白いカッパ姿で来たのを見て「おばけのQ太郎だ!」
息子がつけたニックネーム。

ふと我に返り
「子供達に見せるから・・・」
と娘さんと孫ちゃんとをカメラに納めた。

20061128010812.jpg


しばらく散策して下山。
するとおかしなものであの演歌がなつかしいような人里におりたぁみたいな感覚でほっとして思わず足が茶店に向かうのである。
甘酒のお接待があった。

20061128011213.jpg


[ 紅葉うどん ]
なんの事はない紅葉が一枚入っている。
良く云えば“京風の上品な・・”云ってしまえば極々薄味のふつーのおうどん。
でも肌寒い中 野外で紅葉を愛でながらのうどんもなかなか乙なものだ。

孫達のお陰で思いも掛けない所に行けるし思いも掛けない人に出会えるし・・・
すっごい[ ]な人生だとつくづく思う。

20061128011229.jpg




山里の紅葉

  1. 2009/12/08(火) 14:00:18|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
古都、京都の紅葉を眺めて溜息をついていたらJIKOが、昔紅葉の名所だった『中津川』に連れて行ってくれた。
50余年、八幡浜に住んでいても知らない山奥!紅葉 (16)

『風の色見ゆるが如き山里にからくれないの紅葉の乱舞』紅葉 (32)

『見えますかこの風の色幽玄に ワルツ踊りて紅葉舞い散る』
誰もいない。 ただ、時に小鳥の声が聞こえる。紅葉 (4)
銀杏と紅葉の絨毯。 人の通った痕跡なし・・・
紅葉 (18)

以前は神社が在ったらしいが、古いちぃさな鳥居と落ち葉に埋もれた鬼瓦が名残を残しているのみ。
紅葉 (15)
いのししの穴だと言う。
紅葉 (28)

帰りの国道沿いに見つけた紅葉。
紅葉 (29)

往来する車を避けながら―

静かに深まりゆく山里の秋を満喫しました。


「題詠blog2010」参加します(水絵)

  1. 2010/01/05(火) 14:15:11|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ちょっと面白そうなので、完走目指して詠んでみます。
頑張りまっしょい!

001:春(水絵)

  1. 2010/02/01(月) 15:00:56|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
花冷えに少年僧の声澄みて 小袖まといし春の山々

002:暇(水絵)

  1. 2010/02/02(火) 15:14:40|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
「今お暇」電話に友の弾む声 高齢出産で授かりし孫

003:公園(水絵)

  1. 2010/02/02(火) 15:36:55|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
さいはての国より来る歩遍路(かちへんろ) 公園脇のベンチで憩ふ

004:疑(水絵)

  1. 2010/02/02(火) 16:38:09|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
深き夜疑心暗鬼の鬼の子が わさわさ揺する我が胸の奥

005:乗(水絵)

  1. 2010/02/03(水) 14:06:45|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
夜行バス一人乗りこむいとし孫 見知らぬ都会(まち)へと闇は吸い込む

006:サイン(水絵)

  1. 2010/02/06(土) 10:08:34|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
納経を異国の人に問わるれば 仏のネームサインと答え

御影 (8)

007:決(水絵)

  1. 2010/02/06(土) 10:47:36|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
keta111.jpg

年明けの気多の社に清々し 笑みて決意し君に雪降る


IMG_0001_20100205133407.jpg

008:南北(水絵)

  1. 2010/02/06(土) 10:55:18|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
ブログにて出来し友がき南北 教えくれにしに感謝


Vista

009:菜(水絵)

  1. 2010/02/06(土) 11:16:57|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
菜の花の乱れ咲きおり沈下橋 水面静かに屋形船ゆく

20070410222517.jpg


010:かけら(水絵)

  1. 2010/02/06(土) 12:32:54|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
無防備に吐きいだしたる言の葉が 砕けて散ってかけらが刺さる

011:青(水絵)

  1. 2010/02/14(日) 10:29:32|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
濡れ縁に緑青噴きたる梵鐘が 風雨に曝され黙して語らず

讃岐67~75 066

012:穏(水絵)

  1. 2010/02/14(日) 12:38:50|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
穏便に済まし呉れよといふ人の 心の奥に鬼見え隠れ

013:元気(水絵)

  1. 2010/02/14(日) 12:47:32|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
まだまだと長き石段山道を 這いずり登る声だけ元気

333.jpg234.jpg

土佐 151


014:接(水絵)

  1. 2010/02/14(日) 13:10:35|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
生姜湯の接待受けし山桜 ほろほろ散りて喉に沁みおり

伊予(2) 045

015:ガール(水絵)

  1. 2010/02/14(日) 13:30:44|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
昔なら秘めて隠した恋話(こいばな)を ガールズトークあっけらかんと

16:館(水絵)

  1. 2010/02/25(木) 13:53:06|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
バスの灯を消して函館山頂は 漁火街の灯三大夜景

20061008170747_20100225155939.jpg

17:最近(水絵)

  1. 2010/02/25(木) 14:10:41|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
最近も魑魅魍魎跋扈して 日本の各地で鵺鳴きやまむ

18;京(水絵)

  1. 2010/02/25(木) 14:21:25|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
座敷雛辺鄙な漁村の片隅に 京の雅を今に伝えて

af829e8822927b479e676f0739504038_20100225160901.jpg

13ac9dc03fb3dcaa7a97446d83633af8.jpg

19:押(水絵)

  1. 2010/02/25(木) 14:32:56|
  2. ■詠み人・水絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
人波に押されて参る“椿さん” 伊予路の春を熊手かき寄せ

無題

CIMG0312.jpg

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。