• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桜舞

            Bako・・・可愛い孫たちが付けてくれた愛称。 ちなみに孫たちは[Bakoちゃん]と呼ぶ。  雅号は「水絵」!!風の吹くまま気の向くままに―

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じていたのにぃ・・・

  1. 2006/07/06(木) 17:35:49|
  2. ■麻雀塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
塾長と鬼姫との面子で打っていた時の事。
どう見ても国士の切り牌のツモ切りをしていた塾長が「あぁ~もう止めたっ!止めたっ!」

ため息まじりに端牌を1枚抜いた。それを見て鬼姫が暗刻の9万を1枚切って七対にした途端、かの塾長
「ロ~ン!」

鬼姫、「信じていたのにぃ・・・」目をうるうるにして涙声。
「そんなぁ・・ふつう信じるかぁ?」
「裏切られた!!そんな人とは思ってもなかった」婚約破棄でもされたかの如く。
「三味もイーハン云うやん」取りなす私に「でも信じてた・騙された・・」役万打ったより騙されたショックの方が大きかったようだ。

「信じる者は救われない」のが麻雀である。
雀友のサトシに云わすと
「麻雀は化かし合い。騙してなんぼ。麻雀するのに良い奴はおらん」だと


バッシと打ってみ
その牌通さねぇよ



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル


チンチングジロの国士無双

  1. 2006/07/07(金) 12:28:26|
  2. ■麻雀塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
その時のチンチングジロ(何にでも食い付く。役牌が有れば親の第1打から鳴く。したがって和りは小さい)は鳴かなかった。

明らかに国士をねらっている様子。
ドラもツモ切りする。
中盤に差しかかった頃、対面のダイちゃんが「諦めさせてやるかぁ~」
おもむろにダブ東を暗槓(私なら1枚切って知らん顔?)

一向聴だったらしくチンチングジロは肩を落とした。 
新ドラは北が表示牌でダイちゃん小躍りして喜んだ。
ダイちゃん満面の笑みを浮かべながら「駄目押しに・・これも無かったなぁ・・」と槓で持ってきたラス牌の発を切った。

その途端、今の今まで心肺停止状態だったチンチングジロが

「ロ~~ン」
  
声が裏返っている。
“えっ?”   はっ?   なんだっ?”

倒された手牌を見ると白・ピカ、9索対子。
ピカが東になるから一向聴がテンパイになり和れたのである。
ピカ入り麻雀でしかあり得ない和りである。

放銃したダイちゃんは、笑顔が固まったまま・・
「東があ~る~?!」 
ピカがあるから白以外は5枚目があるって事だよな。

諦めさせようとした意地悪が優しさが仇となりダイちゃんは点棒と共に多いに凹んだのである。
槓振りと云うおまけまでつけて・・


バシッと打ってみ
その牌通さねぇよ



FC2ブログランキング



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル


悪夢のイソコ

  1. 2006/08/02(水) 10:46:16|
  2. ■麻雀塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
最初の南ラスを迎えてトップ目のかーくんは4巡目にドラの五索を切って「リーチ!!」

「はやっ!」「スピード違反じゃ」
「わかるか・・交通事故・・」
「ほいっ・・当たってみんかい・・」
「命まではとられんやろ・・」

少々の危険牌を切っても通る。
(どうせドラも無いとこだし・・)
中盤を過ぎた頃 七対崩れだった私の手牌は三暗刻出来ぃの四暗刻・・単騎聴牌。

対面のゆうすけは切り牌からして国士らしいのだが・・

スジも通るしかーくんは七対と読んで回し打ちしていた。
が、どれも振りテンだったり、3枚きれていたり・・・

その内、イソコが来た。
初牌である。
(早いリーチは一・四索・・これかぁ)
止めた!

相変わらずかーくんはつもれず山も少なくなった時、かーくんイソコをツモ切りしたのである。

対面のゆうすけと私と同時だった。

『国士無双』

『すった~ん』


手牌を倒した。

親の役万と子のダブル役万。
「フハァ!??・・」
一瞬何がおこったか分からないように二人の手牌を眺めていたが
「帰る・・・」一言残して・・本当に帰ってしまった。
「はぁ??」「ええっ??」「マジィ??」
後に残された二人??
唖然??呆然??

かーくんの手牌を見るとやはり七対子で一索二枚持ち、気の毒にも私の早々に暗刻になった八索待ちであった。

長い雀歴の中でもほんとうに帰ったのはかーくんが初めてである。
そして二度と再び来ることは無い。
面子が一人消えた夜である。

バシッと打ってみ
その牌通さねぇよ



FC2ブログランキング



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル


センスは何処に?

  1. 2007/01/13(土) 16:15:01|
  2. ■麻雀塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
「牌開きしよう・・・」
とサトシとN君が来た。
『牌納め』でガッツリ沈んだサトシのリベンジ。

4人の3打ちなんで常に一人は見てる。
N君「 センス ある打ち方見せてよ」
と私の手牌のぞき込む。

N:「あれっ! センス は・・・?」
私:「忘れた・・・」
N:「何処に?」
サ:「フジ(スーパー)やろ?」
N:「今頃 館内放送しよるで『籠の中に センス のお忘れ物がございます。 お心当たりの方は・・・』

私:「フジやない。ジュリアナや・・」
N君 サトシ「ふる~~」
「お立ち台にそのまま置いてきたわ」

たまに しばしば男性化する私と 危険牌を握って
イヤ~ン!!」と女性化するN君と・・・

ガラガラ・ガラガラ 夜は更ける。
そして 今だ センス は私の手元に戻って来ない。

雀荘体験記

  1. 2007/02/21(水) 15:59:04|
  2. ■麻雀塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
[ 全自動卓でも体験しますか ]
日曜日の昼下がりサトシからメール。
[ 連れてって~ ]
「お茶とかあるん?」
サトシは二十歳代で孫に近い年の子。

にぃ君と車で迎えに来てくれる。
「お家麻雀がいい~」
と尻込みするJiko。
いい年して「お家」「お知らせ」挙げ句の果て両親を「お父ちゃん」「お母ちゃん」
お育ちの良いJiko。

市内の雑居ビルにある雀荘。
おそるおそる入った途端 2匹の犬に吠えられ・・・
後ずさり。
客はいなくて雑然として退廃的なムード漂うなかゲーム開始。

私のお茶好きを知ってるサトシが自販機から熱いお茶を買って来てくれた。
初めて見る全自動卓・・・

20070220174159.jpg


【グァワラン~グァワラン】と手の下で大きな音。
「うっせ~な!!」
ちぃさくつぶやくとサトシが
「みんなのかわりに混ぜてくれよんよ」
真顔で云った。

椅子はふかふかで回転椅子なのだが 私の非力では下げられず足 ぶらんぶらん。
地に足を着けるには誰かに押さえて貰わないと体重だけでは下がらない。
一度立つとふぅ~と戻るので極力 椅子から立たないように・・・
サイコロまで回してくれるし点棒計算までしてくれる・・

20070220175625.jpg


牌は家庭用より若干分厚く 点棒は重い。

雰囲気にのまれたかJikoは2・5・8索のテンパイで1筒で「ツモッ」
「はぁ?!~~」
ありえんチョンボ!!
8索と1筒=盲牌違い?!ハァ?

駐車料や飲み物若い子らが出してくれたので 斜め前のコンビニへお握りとからあげくん買いに行った。
車の往来が激しいのでオタオタしていたらサトシが迎えに来た。
「ビビッとん?」
「ビビるわ!相手車やもん。
家の近所で走り廻るのは猪くらいなもんや」
エスコート?サポート?違うな!!
腕を組むじゃない~手をつなぐじゃない~
私をつまんで 横断した。
サトシの大きな体を風よけ車除けにしながらつままれて無事渡った。

途中メール
[ 飯いいわい。バコちゃんらと麻雀しよる ]
(ええっ~~?)
対面のにぃ君から・・・

二度ほど牌が詰まって動かなくなったけど以前雀荘でバイトしていたサトシが手際よく直した。

そんなこんなで結局10時間!  
そして今夜もひとり勝ち!

椅子からは立てないし、たまに足元に犬が来て吠えるしトイレが汚い。
そのうえ鍵が無い。
まぁ考えてみたら雀荘に行くのは野郎ばっかなんだろうな。
雀荘の計算方法もわかんないしな・・・
もう二度と行く事はないだろう。

「国道でいいよ」と云うのに家まで送ってくれた。
「面白い経験さしてもろたわ。
冥土の土産や。ありがとね」

で・・・貴重な休日をJiko・Bakoとつぶしてあの若い子らは楽しかったのだろうか・・ふと思った。

あっ!
にぃ君からメール。
[ 積みますか ]






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。